V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
347
[開催日]
2017/12/02
[会場]
加古川市立総合体育館
[観客数]
2,800
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:49
[試合時間]
1:49
[主審]
北村 友香
[副審]
グレッグ ルーオー

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 24
通算: 8勝4敗
1

ポイント
0
26 第1セット
【0:30】
24 3

ポイント
3
22 第2セット
【0:24】
25
16 第3セット
【0:21】
25
23 第4セット
【0:25】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 35
通算: 12勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今シーズン初めてのホームゲームで、たくさんの方々の熱いご声援、本当にありがとうございました。
 試合は、相手の攻撃に対して終始翻弄され、ブロックとレシーブで対応できなかったことが敗因である。ただ、良い部分もあったので、継続して強化していき、明日の試合までに修正すべき点は改善して臨んでいきたい。
 引き続き、温かいご声援よろしくお願いします。

26 芥川
()
ミハイロヴィッチ
()
新鍋
(古藤)
岩坂
(森谷)
24
金杉
(井上)
田中(美)
()
石井
()
今村
()
田中(瑞)
()
奥村
()
アキンラデウォ
()

(帯川)
小幡 リベロ 筒井 (戸江)
22 芥川
()
ミハイロヴィッチ
()
新鍋
()
岩坂
()
25
金杉
(井上)
田中(美)
()
石井
()
今村
()
田中(瑞)
()
奥村
()
アキンラデウォ
()

()
小幡 リベロ 筒井 (戸江)
16 芥川
()
ミハイロヴィッチ
()
新鍋
()
岩坂
(森谷)
25
金杉
(井上)
田中(美)
()
石井
()
今村
()
田中(瑞)
()
奥村
(山本)
アキンラデウォ
()

()
小幡 リベロ 筒井 (戸江)
23 芥川
(山本)
ミハイロヴィッチ
()
新鍋
()
岩坂
(森谷)
25
金杉
(井上)
田中(美)
()
石井
(古藤)
今村
()
田中(瑞)
()
奥村
()
アキンラデウォ
()

(帯川)
小幡 リベロ 筒井 (戸江)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日は、ミハイロヴィッチ選手を中心に高い攻撃力を誇るJTとの試合ということで、特にブロックとディフェンスを入念に確認して臨んだ一戦であった。
 お互いの力も拮抗し、接戦となることを想定したうえで試合に入ることが出来たので、セットこそ落としたが決して慌てず冷静さを保って戦えたことも勝利につながる大きな要因であった。
 また、会場を埋め尽くすたくさんの方々のご声援を力に変えて戦うことができたことを非常に嬉しく思う。ありがとうございました。

要約レポート

 前回フルセットで勝利した首位の久光製薬スプリングスと2位のJTマーヴェラスの対戦は、3-1で久光製薬が勝利した。
久光製薬はスタートから新鍋、石井、岩坂らの活躍で得点を重ねるが、JT井上のサーブで久光製薬のペースを崩し、流れがJTとなり、田中(瑞)のブロック、ミハイロヴィッチのアタックが冴え26-24でJTが先取した。
 第2セット、久光製薬はアキンラデウォにトスを集め、新鍋、岩坂のブロックでJTの攻撃を封じ込めた。
 第3セット、第4セット、JTはミハイロヴィッチが強烈なバックアタックで、久光製薬を責め続け追いつこうとするが、久光製薬は今村のブロックや岩坂の速攻、新鍋の移動攻撃で逃げ切り勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松上 麻美