V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
344
[開催日]
2017/11/26
[会場]
春日井市総合体育館
[観客数]
1,234
[開始時間]
15:55
[終了時間]
17:20
[試合時間]
1:25
[主審]
種元 桂子
[副審]
北村 友香

デンソーエアリービーズ

監督: 川北 元
コーチ: デヘリ・ジャン デヘリギュ
通算ポイント: 15
通算: 5勝6敗
0

ポイント
0
15 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
3
22 第2セット
【0:26】
25
21 第3セット
【0:30】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 24
通算: 8勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 出だしからサーブレシーブで崩され、終始苦しい展開になってしまった。悪い流れを断ち切る強さもまだまだ足りないし、強いチームに対して勝つ為には決める力がまだまだ必要だと感じた。
 今週はホームゲームで良い所と悪い所が出た試合だった。来週から試合も折り返しになるので、もう一度自分達を見直し戦っていきたい。
 本日も沢山の声援ありがとうございました。

15 クリスティアネ
()
工藤
()
奥村
()
田中(瑞)
()
25
田原
(堀江)
石田
(鈴木)
田中(美)
()
金杉
(井上)
鍋谷
()
石井
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
()
小口 (中川) リベロ 小幡
22 坂本
(山田)
石田
()
奥村
(山本)
田中(瑞)
()
25
クリスティアネ
(堀江)
石井
()
田中(美)
()
金杉
(井上)
田原
(鈴木)
鍋谷
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
()
小口 (中川) リベロ 小幡
21 クリスティアネ
()
坂本
(兵頭)
奥村
(山本)
田中(瑞)
()
25
鈴木
(田原)
石田
()
田中(美)
()
金杉
(井上)
鍋谷
()
石井
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
()
小口 (中川) リベロ 小幡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 相手の速い攻撃に対しての準備をしてきた中で、今日は効果的なサーブが打てていた。その結果、相手の攻撃を限定でき、こちらの優位な展開で試合を進められた。
 ただ、リードした時の詰めの甘さは、今後、修正していかなければならない点である。
 本日も寒い中、たくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日いずれも白星を挙げた2チームの戦いは、3連勝中のJTマーヴェラスがストレートで勝利を収め、連勝を4に伸ばした。
 第1セットは、JTが3点以上の連続得点を4回奪ってデンソーエアリービーズを寄せつけなかった。序盤は田中(美)のサービスエース、中盤は奥村の連続ブロックとミハイロヴィッチの強烈なアタック、終盤はピンチサーバー井上のサービスエースと、選手一人一人が持ち味を発揮し、JTが思い通りのバレーを繰り広げた。対するデンソーは、2連続得点を三度挙げるにとどまった。
 第2セットは雰囲気が一変し、互いに3点以上の連続得点を三度ずつ奪い合う競り合いとなったが、12-12からの長いラリーをJT・ミハイロヴィッチの強打で制したのは大きな1点だった。その後も長いラリーとなって観客を沸かせたが、ここでもJT・ミハイロヴィッチがレフトからクロスにアタックを決めた。JTは、セット終盤22-22と追いつかれたが、ピンチサーバー山本がサービスエースを決め、最後は相手のアタックが大きく外れてセット連取となった。
 第3セットは、JTが3-4から二桁に及ぶ連続得点を奪った。ミハイロヴィッチの効果的なジャンプフローターサーブが起点となり、二度のタイムアウトも関係なく14-4まで連続した。終盤点差を詰められたが、田中(瑞)の安定感のあるレフトからの攻撃がよく決まり、最後は奥村のブロードでピリオドを打った。
 デンソーは、第2セット7-10でセッターを鈴木に代えてから流れを変えることに成功し終盤追いついたが、逆転までには至らなかったのが痛かった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 冨田 崇