V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
339
[開催日]
2017/11/25
[会場]
春日井市総合体育館
[観客数]
1,080
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:00
[試合時間]
2:00
[主審]
冨田 博一
[副審]
佐々木 伸子

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 高橋 悠
通算ポイント: 10
通算: 3勝7敗
1

ポイント
0
19 第1セット
【0:27】
25 3

ポイント
3
23 第2セット
【0:28】
25
25 第3セット
【0:28】
22
21 第4セット
【0:28】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 21
通算: 7勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 試合の入り方が良くなかった。第2セット以降は自分達のバレーができていたが、JTの攻撃を抑えることができなかった。
 明日は何がなんでも勝つという強い気持ちで戦っていきたい。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。明日も応援よろしくお願いします

19 大野
()
古賀
()
奥村
()
田中(瑞)
()
25
山内
()
山口
()
田中(美)
()
金杉
(井上)
廣瀬
()
上野
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
(山本)
岩崎 リベロ 小幡
23 山内
(小島)
大野
(荒谷)
奥村
()
田中(瑞)
()
25
廣瀬
()
古賀
()
田中(美)
()
金杉
(井上)
上野
()
山口
(塚田)
ミハイロヴィッチ
()
芥川
(山本)
岩崎 リベロ 小幡
25 大野
()
古賀
()
奥村
()
田中(瑞)
()
22
山内
()
山口
(島村)
田中(美)
()
金杉
(井上)
廣瀬
(柳田)
上野
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
(山本)
岩崎 リベロ 小幡
21 山内
()
大野
()
奥村
()
田中(瑞)
()
25
廣瀬
()
古賀
()
田中(美)
()
金杉
(井上)
上野
()
山口
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
(山本)
岩崎 リベロ 小幡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 リーグ戦も中盤に入り、自分たちのやりたいバレーが少しずつできてきた。特に先週に引き続き攻撃の決定率が高かったことは評価したい。
 ただ、相手の2段トスに対してのブロックとレシーブの関係はまだまだ向上していけると思うので、そこを締めて修正していいきたい。
 寒さの増す中、本日も温かいご声援ありがとうございました。

要約レポート

 本日の第一試合、NECレッドロケッツとJTマーヴェラスの対戦は、第1レグに1-3で負けを期したJTが3-1で勝利を収めた。
 第1セット、JTはサーブでNECのレシーブを崩すなどで最大8点差をつけ、安定したレシーブから多彩な攻撃を繰り広げた。
 NEC廣瀬の強烈なアタックをJT・ミハイロヴィッチがブロックすれば、NEC古賀が負けじとJT奥村の強打をブロック、そこから3連続ポイントで粘るが、最後はJT芥川のこのセット3本目となるブロックでJTが先取した。
 第2セット、NEC・リベロ岩崎が会場を沸かせるレシーブを魅せると、アタッカー陣が奮起しチームに勢いをつけた。
 一進一退の攻防で迎えた23-23、長いラリーをJT奥村のアタックでマッチポイントとすると、今度は奥村のブロックでこのセットを締めくくった。
 第3セット、後がないNECは廣瀬にボールを集めてJTに食らいつく。セット終盤はセッター山口がミドルからの攻撃を巧みに使い、JTのブロック陣に的を絞らせずにリードを守り切り、セットカウントを1-2とする。
 第4セット、NEC廣瀬の勢いが止まらない。鋭く切り込むアタックでチームを活気づける。しかし、JT・ミハイロヴィッチの緩急を付けた攻撃でNECを振り切り、チーム一丸となってJTが勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 天野 五月