V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
332
[開催日]
2017/11/18
[会場]
維新百年記念公園スポーツ文化センター
[観客数]
1,900
[開始時間]
16:05
[終了時間]
17:25
[試合時間]
1:20
[主審]
北村 友香
[副審]
森口 豊

日立リヴァーレ

監督: 甲斐 祐之
コーチ: 高橋 和人
通算ポイント: 5
通算: 1勝7敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:27】
25
19 第3セット
【0:22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 15
通算: 5勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2レグに突入し、ここから巻き返す勢いで、全員気持ちを一つに臨みました。第1セットは栗原の高い打点から放ったスパイクが決まりリードしたのですが、ミハイロヴィッチ選手のパワーと角度あるバックアタックを何本も決められてしまい、切り返すことができませんでした。第2セットからサーブレシーブを乱される場面もあり、流れを変えることができずにセットを落としているので、明日は自分たちの流れをものにして勝利をつかみたいと思います。引き続きご声援の程、よろしくお願い致します。

21 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
奥村
()
田中(瑞)
()
25
栗原
()
長内
()
田中(美)
()
橘井
(金杉)
芳賀
()
間橋
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
()
佐藤(あ) リベロ 小幡
21 ジャクソン
()
長内
(小野寺)
奥村
()
田中(瑞)
()
25
佐藤(美)
(東原)
間橋
()
田中(美)
()
金杉
(井上)
栗原
(齋藤)
芳賀
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
()
佐藤(あ) リベロ 小幡
19 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
奥村
()
田中(瑞)
()
25
栗原
(齋藤)
長内
(土井)
田中(美)
()
金杉
(井上)
芳賀
()
遠井
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
(山本)
佐藤(あ) リベロ 小幡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 2レグを良い形で入れたことを嬉しく思う。しかし、各セットのスタートがもたつく所は反省し改善していかなければならない。
 また、橘井の代わりに入った金杉も落ちついてプレーできた点も勝ちにつながった要因だと思う。
 明日も試合が続くが、しっかりと良い準備をして臨みたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 2レグの初戦をとってチームに勢いをつけたい日立リヴァーレと、首位との差を縮めたいJTマーヴェラスの一戦。
 第1セット、JTはミハイロヴィッチ、田中(瑞)の強打で着実に得点を重ねていく。日立も粘り強いレシーブで応戦するが、JTが押し切ってセットを奪った。
 第2セット、日立は、長内、栗原の強打でリードを奪う。しかしJTは、奥村のブロックでリズムをつくり、最後も奥村のブロックでJTが逆転でセットをものにした。
 第3セットも、JTは奥村のブロックが冴えわたる。リズムにのったJTは田中(瑞)の強打でたたみかける。日立は長内、ジャクソンの攻撃で応戦するも、JTがセットを奪い、JTが2レグ初戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 有馬 浩一