V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
331
[開催日]
2017/11/18
[会場]
維新百年記念公園スポーツ文化センター
[観客数]
1,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:26
[試合時間]
2:26
[主審]
吉岡 奈々
[副審]
城 智人

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 13
通算: 4勝4敗
2

ポイント
1
23 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:22】
21
25 第3セット
【0:32】
23
22 第4セット
【0:30】
25
16 第5セット
【0:25】
18

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 10
通算: 4勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットのサーブレシーブとスパイクレシーブの乱れを、第2セット以降から修正し、5点差のビハインドでもサーブとブロックで、1点ずつ積み重ねができる様になってきた。東レも、高さとパワーと確実性が向上しており、今日の両チームのぶつかり合いは見応えがあったと思う。新人の中屋を入れた状態でチームは成長していることが分かったので、明日は絶対勝つと強い気持ちを持って戦いたい。山口での多くの応援どうもありがとうございました。

23 村永
(竹田)
ネリマン
()
黒後
(木村)
白井
()
25
渡邊
()
荒木
()
大野
(中田)
井上
()
比金
()
中屋
()
堀川
()
ケイディ
()
榊原 リベロ 中川
25 ネリマン
()
荒木
()
黒後
(木村)
白井
()
21
村永
()
中屋
(竹田)
大野
(中田)
井上
()
渡邊
(安井)
比金
()
堀川
()
ケイディ
()
榊原 リベロ 中川
25 村永
()
ネリマン
()
黒後
(野村)
白井
()
23
渡邊
(安井)
荒木
()
大野
(中田)
井上
()
比金
()
中屋
(竹田)
堀川
()
ケイディ
()
榊原 (佐藤) リベロ 中川
22 ネリマン
()
荒木
()
黒後
(野村)
白井
()
25
村永
()
中屋
(竹田)
大野
(中田)
井上
()
渡邊
()
比金
()
堀川
()
ケイディ
()
(佐藤) リベロ 中川
16 村永
()
ネリマン
()
黒後
(野村)
白井
()
18
渡邊
()
荒木
()
大野
(中田)
井上
()
比金
()
中屋
(竹田)
堀川
()
ケイディ
()
(佐藤) リベロ 中川

監督コメント

 第1セットはサーブで相手のサーブレシーブを崩し、切り返し点からの得点を効果的にとることができたが、第2セット以降は相手のブロックとスパイクレシーブが機能し攻撃がおさえられてしまった。その中でもセッター白井がミドルブロッカーを多く使うことができたのは次につながる。途中出場の野村が苦しい所をふんばったのが勝因だと思う。寒い中たくさんの応援ありがとうございます。明日もしっかり準備して試合にのぞみます。

要約レポート

 第1レグ2位のトヨタ車体クインシーズと第1レグを3連勝で締めくくった東レアローズの第2レグ初戦。
 第1セットは中盤まで一進一退のゲーム。2回目のテクニカルタイムアウト後、東レは井上のサーブや大野のブロックでゲームをリードする。トヨタ車体も粘りのレシーブを見せ、ネリマンや竹田のスパイクであと一歩まで追いつめるが、東レがリードを守り先取する。
 第2セットは堀川、黒後、ケイディの調子がよく、中盤まで東レがゲームをリードする。一方、トヨタ車体も中屋やネリマンのスパイクで応戦し、接戦に持ち込む。終盤、トヨタ車体が要所でブロックポイントを取り、流れを引き寄せてセットを取り返す。
 第3セットも序盤東レがケイディのアタックやブロックを中心にゲームを優位に進める。しかし、トヨタ車体もリベロ榊原を中心とした粘りのレシーブやネリマンのスパイクで逆転に成功。その後一進一退の攻防が続くが、トヨタ車体が逃げ切る。
 第4セットは、序盤から両チームともに攻守に持ち味を発揮しながらせり合う展開が続く。中盤、東レはサーブで崩してトヨタ車体のネリマンの攻撃を封じ試合をリードする。一方、トヨタ車体も粘りのバレーを見せるが、最後は、東レが要所でブロックを決め、第4セットを制する。
 第5セットも互いに譲らず点を取り合う中、中盤東レのブロックが決まり、リードを広げる。しかしトヨタ車体もネリマンの連続ブロックで反撃、最後まで勝利の執念を見せるが、最後はデュースを紙一重の差で制した東レが大熱戦に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松本 富士雄