V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
329
[開催日]
2017/11/18
[会場]
川崎市とどろきアリーナ
[観客数]
1,745
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:51
[試合時間]
1:51
[主審]
明井 寿枝
[副審]
高橋 宏明

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 23
通算: 8勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
20 1

ポイント
0
22 第2セット
【0:25】
25
25 第3セット
【0:30】
23
25 第4セット
【0:22】
18
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 川北 元
コーチ: デヘリ・ジャン デヘリギュ
通算ポイント: 9
通算: 3勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1レグの勢いをそのままに2レグでもよいスタートを切るため、今週はディフェンス面の強化を中心に準備をしてきた。結果として試合の中で成果も見られ、勝利に結びつけることができたことを嬉しく思う。
 長く続くリーグを戦うにあたり、まだまだチームの成長は必須だと感じている。試合に臨む準備をこれからも徹底して戦っていきたいと思う。
 本日も両チームへの温かいご声援ありがとうございました。

25
()
アキンラデウォ
()
鍋谷
()
田原
(鈴木)
20
今村
()
石井
()
石井
()
クリスティアネ
()
岩坂
()
新鍋
()
石田
()
坂本
()
筒井 (戸江) リベロ 小口 (中川)
22
(帯川)
アキンラデウォ
()
石井
()
鍋谷
()
25
今村
()
石井
(古藤)
石田
(鈴木)
田原
(堀江)
岩坂
()
新鍋
()
坂本
(工藤)
クリスティアネ
()
筒井 (戸江) リベロ 小口 (中川)
25
(帯川)
アキンラデウォ
(古藤)
鍋谷
(兵頭)
田原
(堀江)
23
今村
()
石井
()
石井
()
クリスティアネ
()
岩坂
()
新鍋
()
石田
(鈴木)
工藤
()
筒井 (戸江) リベロ 小口 (中川)
25
(帯川)
アキンラデウォ
()
石井
()
鍋谷
()
18
今村
()
石井
(古藤)
石田
(鈴木)
田原
(堀江)
岩坂
()
新鍋
()
工藤
()
クリスティアネ
()
筒井 (戸江) リベロ 小口 (中川)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 攻撃力のある久光製薬に対し、サーブとブロックでリズムをつかみたかったが、サーブでなかなか崩すことが出来なかった。
 自分達の攻撃もレフトに頼る場面が多くなってしまった。
 途中から出た選手の良いプレーや、セットを取れる勢いもあったので、明日に繋げていきたい。
 本日は沢山の声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、一進一退の攻防の中、デンソーエアリービーズはファーストテクニカルタイムアウトを先に迎えたが、久光製薬スプリングスはアキンラデウォのスパイク、ブロックなどで6連続得点を上げ、リズムを掴んだ。終盤デンソーは鍋谷のスパイクなどで追いあげるも、25‐20で久光製薬が1セットを取った。
第2セット、第1セットの勢いのまま、久光製薬がリードを広げるが、デンソーは鍋谷のスパイク、石田のブロックなどで得点を重ね逆転に成功。その後も石田、工藤のスパイクが効果的に決まり、25‐22でデンソーが取り、セットカウントを1‐1にする。
第3セット、またしても一進一退の攻防。デンソーが鍋谷のスパイクで得点を重ねると、久光製薬も今村のスパイクなどで得点を重ね、終盤までシーソーゲームの様相。最後は久光製薬今村のスパイクが決まり、25‐23で久光製薬がセットカウント2-1とした。
第4セット、久光製薬がアキンラデウォ、今村のスパイクで先行。デンソーも鍋谷、石田、堀江のスパイクで得点を重ねるも、勢いに勝る久光製薬を止めることができず、このセットを25‐18で久光製薬がとり、セットカウント3‐1で久光製薬が勝利した。これで久光製薬は開幕から8連勝で首位を守った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 飯泉 昌樹