V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
319
[開催日]
2017/11/05
[会場]
ウカルちゃんアリーナ(滋賀県立体育館)
[観客数]
2,228
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:07
[試合時間]
1:07
[主審]
渡部 菜保子
[副審]
戸川 太輔

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 14
通算: 5勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
15
25 第3セット
【0:19】
16
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 甲斐 祐之
コーチ: 高橋 和人
通算ポイント: 4
通算: 1勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日の試合は1セット目のスタートーこそ相手エースの高い攻撃力の前に苦しい展開となった。しかし、セット中盤からのディフェンスの修正を行い、対応することによって、守りから自チームにリズムが生まれた。結果としてストレート勝ちを収めることができたが、試合の中でも細かいミスが目立ち、まだまだチームとして修正していかないといけないと感じている。
 滋賀大会の2日間、多くの子どもたちをはじめ、たくさんの皆様のご声援ありがとうございました。

25
(帯川)
アキンラデウォ
()
遠井
()
芳賀
()
18
野本
()
石井
(古藤)
長内
()
栗原
(齋藤)
岩坂
()
新鍋
()
ジャクソン
()
佐藤(美)
()
筒井 (戸江) リベロ 佐藤(あ) (小池)
25
()
アキンラデウォ
()
遠井
()
芳賀
()
15
野本
(座安)
石井
()
長内
()
栗原
(齋藤)
岩坂
(森谷)
新鍋
()
ジャクソン
(土井)
佐藤(美)
()
筒井 (戸江) リベロ 佐藤(あ) (小池)
25
()
アキンラデウォ
()
佐藤(美)
()
ジャクソン
()
16
野本
()
石井
()
間橋
()
長内
()
岩坂
()
新鍋
()
芳賀
()
遠井
(小野寺)
筒井 (戸江) リベロ 佐藤(あ) (小池)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日も沢山のご声援ありがとうございました。
 今日の久光製薬戦は、スタートから全員で声を掛け合い、気持ちと元気を前に出して臨みました。
 しかし、久光の高さのあるブロックを前後に揺さぶられた攻撃を食い止めることができず、悔しい結果となりました。連敗して気持ちが落ちますが、勝ちにいく姿勢を忘れずに、ここから這い上がっていきます。
 来週こそ2勝目を飾れるように頑張ります。ご声援の程、よろしくお願い致します。

要約レポート

日立リヴァーレのサーブで始まり、序盤は久光製薬スプリングスのサーブレシーブからの攻撃が冴え、日立は中盤で2度のタイムアウトを使った。守備からの攻撃リズムを掴めないまま、日立は7点差をつけられ最後は日立・長内のサーブミスで久光製薬が第1セットを先制した。
 第2セットも日立は久光製薬の攻撃にブロックを絞れないまま、久光製薬3点リードでテクニカルタイムアウトとなった。なおも久光製薬のセンターを中心とした攻撃に翻弄された日立は攻撃が単調になり、8点ビハインドのまま、最後は久光製薬・新鍋のサーブポイントが決まり、第2セットも久光製薬が連取した。
 第3セット、3-3の同点から2連続サーブポイントで久光製薬は流れに乗る。久光製薬はその後も粘り強いレシーブから得点を重ね、マッチポイントも野本のアタックが決まり、このセットも奪って開幕から5連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 南部 典彦