V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
317
[開催日]
2017/11/05
[会場]
西尾市総合体育館
[観客数]
1,100
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:34
[試合時間]
1:34
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
佐々木 伸子

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 高橋 悠
通算ポイント: 6
通算: 2勝3敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:31】
25 3

ポイント
3
23 第2セット
【0:28】
25
22 第3セット
【0:29】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 12
通算: 4勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自分達のリズムで試合をコントロールできなかった。
 相手のネリマン選手に対してストレスを掛けるための、他の選手へのプレッシャーを掛けることができなかった。
 まだまだ波のあるチームなので、来週は2日間を通して高いパフォーマンスを発揮できるようにしっかり準備をしたい。
 2日間共にたくさんの応援ありがとうございました。

21 柳田
()
山内
()
比金
()
渡邊
(安井)
25
上野
(島村)
大野
(廣瀬)
高橋
()
村永
()
塚田
(山口)
古賀
(小島)
荒木
()
ネリマン
()
岩崎 リベロ 榊原
23 柳田
(廣瀬)
山内
()
高橋
(竹田)
比金
()
25
島村
()
大野
(上野)
荒木
()
渡邊
()
山口
(塚田)
古賀
(家高)
ネリマン
()
村永
()
岩崎 リベロ 榊原
22 廣瀬
(柳田)
山内
()
比金
()
渡邊
()
25
島村
()
大野
()
高橋
(竹田)
村永
()
塚田
()
古賀
()
荒木
()
ネリマン
()
岩崎 リベロ 榊原

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 攻撃的なサーブとディフェンスの個人技に優れたNECとの試合はタフになる予測のもとに、それを上回る組織力で対抗した。ローテーションごとに異なる戦術をチーム全員で理解し、1点を取っていくチームになってきた。また、多少のミスや連続失点に動じない強いメンタルも芽生えて来た。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。チームはまだまだ成長過程なので、これからも熱い応援をよろしくお願いします。

要約レポート

 前日ともに勝利しているトヨタ車体クインシーズとNECレッドロケッツの試合は、組織的なバレーを展開したトヨタ車体がストレート勝ちをおさめた。
 トヨタ車体・荒木の移動攻撃で始まった第1セットは、榊原を中心に安定したレシーブから比金のトスワークが冴え、トヨタ車体が16-9とリードする。NECは交代した廣瀬のサービスエースや山内の活躍もあり徐々に3点差まで迫るが、最後はトヨタ車体・村永がブロックを決め先取した。
 第2セット、序盤は接戦が続くが、トヨタ車体の荒木・渡邊の速攻や移動攻撃で点を重ねリードする展開となる。一方、NECは島村と古賀を中心に応戦し22-22で追いつくが、ネリマンのバックアタック2本でこのセットも連取した。
 第3セット、序盤にトヨタ車体は高橋に代わり竹田を入れ、全員バレーでリードを保ち試合を優勢に進める。中盤NECは古賀のアタックを中心に山内のブロックなどで18-17と逆転に成功する。その後は一進一退の攻防となるが、ネリマンの攻守にわたる活躍で4連続得点などもありトヨタ車体が再逆転で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中澤 和美