V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
312
[開催日]
2017/10/29
[会場]
飛騨高山ビッグアリーナ
[観客数]
2,037
[開始時間]
15:30
[終了時間]
17:20
[試合時間]
1:50
[主審]
佐々木 伸子
[副審]
城 智人

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 0
通算: 0勝3敗
1

ポイント
0
20 第1セット
【0:29】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:22】
17
16 第3セット
【0:22】
25
23 第4セット
【0:28】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は1セット目から昨日の反省を生かしサーブでターゲットを狙いプレッシャーをかけブロックとディグで、相手の攻撃をおさえることができた。
 2セット目以降はお互い攻撃が機能し点数の取り合いになったが、中盤に連続失点が続き後半追い上げるも、最後は相手の攻撃に押し切られる形になってしまった。
 大雨の中たくさんの応援ありがとうございました。気持ちを切らさず、来週に向け修正していきます。

20 ケイディ
(木村)
堀川
()
奥村
()
金杉
()
25
井上
()
大野
()
田中(美)
()
橘井
()
田代
(白井)
黒後
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
(柴田)
中川 リベロ 小幡
25 ケイディ
(木村)
堀川
()
奥村
(山本)
金杉
(井上)
17
井上
(野村)
大野
()
田中(美)
()
橘井
()
白井
()
黒後
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
(柴田)
中川 リベロ 小幡
16 ケイディ
(木村)
堀川
(田代)
奥村
()
金杉
(井上)
25
井上
()
大野
()
田中(美)
()
橘井
()
白井
(杉原)
黒後
()
ミハイロヴィッチ
()
芥川
(柴田)
中川 リベロ 小幡
23 ケイディ
(木村)
堀川
(田代)
金杉
(井上)
橘井
()
25
井上
()
大野
()
奥村
()
芥川
(柴田)
白井
(杉原)
黒後
()
田中(美)
()
ミハイロヴィッチ
()
中川 リベロ 小幡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 相手はサーブの良いチームだったので、思い通りの攻撃展開ができなかったが、サーブレシーブを行う選手がよく耐えてと思う。ただ、取ったセットを取られたセットの内容の差が大きいので、この波を少なくしていきたい。
 昨日の敗戦を引きずらず、今日戦い抜いたことは評価したい。来週以降も厳しい戦いが続くが、一つずつ課題を克服して準備したい。
 本日は寒い中たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 前日の惜敗を糧にポイントを重ね、さらに上位進出を狙うJTマーヴェラスと、今シーズンの初勝利を収めたい東レアローズとの一戦。
 第1セット序盤、一進一退の攻防を繰り広げながら、セカンドテクニカルタイムアウトを迎える。ここから抜け出したのはJT。組織的なブロックとレシーブで攻撃を阻み、ミハイロヴィッチの攻撃へとつなげ、黒後の思い切りのいいプレーや堀川のアタックで追いすがる東レを振り切り、セットを先取した。
 第2セット、東レはサーブで相手守備陣を揺さぶり、チャンスを広げ、確実に得点に結びつけていく。黒後、堀川、ケイディらを白井が操り、セットを取り返した。
 第3セットはゲームの主導権をJTが握る。ミハイロヴィッチ、金杉、奥村らが得点を重ね、終盤には3連続ブロックを奪ったJTがこのセットを取った。
 第4セット、互いに譲らず、激しい点の取り合いの中、最後は芥川のブロックが決まり、JTが勝利を収めた。この試合で高さと速さとパワーを満喫した観客からは、惜しみない拍手と大歓声が送られ、両チーム共に、これからの各開催地で繰り広げられる熱戦が楽しみになるゲームであった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 加知 昌彦