V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
310
[開催日]
2017/10/29
[会場]
ひたちなか市総合運動公園総合体育館
[観客数]
1,520
[開始時間]
15:45
[終了時間]
17:52
[試合時間]
2:07
[主審]
明井 寿枝
[副審]
桑原 健輔

日立リヴァーレ

監督: 甲斐 祐之
コーチ: 高橋 和人
通算ポイント: 4
通算: 1勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:33】
23 1

ポイント
0
18 第2セット
【0:29】
25
25 第3セット
【0:26】
19
25 第4セット
【0:30】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 高橋 悠
通算ポイント: 3
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日はお足元の悪い中、沢山のご声援ありがとうございました。
 今シーズン初勝利を飾ることができて嬉しく思っています。
 激しい打ち合いが続く中、勝負所で思い切り決めきれた事が今日の勝因だと思います。
 全員の気持ちを一つに、来週の試合も勝ちにこだわり、思い切り戦っていきます。
 一戦一戦気持ちを切らすことなく、このまま突っ走っていきたいと思いますので、来週もご声援の程宜しくお願い致します。

25 佐藤(美)
()
ジャクソン
(下平)
古賀
()
塚田
()
23
栗原
(齋藤)
長内
()
大野
(山口)
荒谷
(島村)
芳賀
()
遠井
()
山内
()
柳田
(廣瀬)
佐藤(あ) リベロ 岩崎
18 ジャクソン
()
長内
()
古賀
()
塚田
()
25
佐藤(美)
()
遠井
()
大野
()
島村
()
栗原
()
芳賀
()
山内
()
柳田
()
佐藤(あ) リベロ 岩崎
25 芳賀
()
栗原
(齋藤)
古賀
()
塚田
(山口)
19
遠井
()
佐藤(美)
()
大野
()
島村
(荒谷)
長内
()
ジャクソン
()
山内
()
柳田
()
佐藤(あ) リベロ 岩崎
25 栗原
(齋藤)
佐藤(美)
()
大野
()
古賀
()
23
芳賀
()
ジャクソン
()
山内
()
塚田
(山口)
遠井
()
長内
()
柳田
()
荒谷
(上野)
佐藤(あ) リベロ 岩崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は、相手の長いコースに打ってくるスパイクに対して対応が出来なかった。
 自分達のオフェンスも単調になってしまった。
 来週に向けてしっかり修正していきたいと思う。
 天候が悪い中、たくさんの応援ありがとうございました。
 また来週もよろしくお願いします。

要約レポート

 現在1勝1敗のNECレッドロケッツと、開幕2連敗だが地元の応援を背に挽回を図る日立リヴァーレの対戦。
 第1セット序盤、NECがウイングスパイカー古賀、柳田の強打でリードするが、日立はジャクソンのクイックが立て続けに決まり、逆転する。中盤は日立がリードを広げるが、NECは終盤にかけて追い上げを見せる。NECは古賀とセッター塚田の連続ブロックで1点差とするが、最後は日立がウイングスパイカー栗原のポイントで先取した。
 第2セットは序盤からNECがペースをつかむ。硬軟織り交ぜた攻撃で連続得点する。日立も中盤追い上げるが、NECは柳田、山内のスパイクやブロックで加点し突き放す。このセットはNECが取り返した。
 第3セットは日立がスタートダッシュに成功する。前のセットで手を焼いたNECのフェイントを、リベロの佐藤(あ)が反応良くレシーブし、そこから栗原のスパイクで連続得点し主導権を握る。終盤NECの追い上げにあうが、セッター佐藤(美)がNECのブロッカーに的を絞らせず、日立が逃げ切った。
 第4セットは互いに譲らず、一進一退の攻防が続く。NECが終盤にリードするが、日立は遠井、芳賀のブロックで逆転し、勝利を手にした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 大金 勝