V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
308
[開催日]
2017/10/28
[会場]
AGF鈴鹿体育館
[観客数]
2,000
[開始時間]
14:50
[終了時間]
16:54
[試合時間]
2:04
[主審]
吉岡 奈々
[副審]
山本 和良

デンソーエアリービーズ

監督: 川北 元
コーチ: デヘリ・ジャン デヘリギュ
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗
3

ポイント
3
20 第1セット
【0:22】
25 1

ポイント
0
26 第2セット
【0:32】
24
25 第3セット
【0:26】
19
25 第4セット
【0:35】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 0
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 スタートからサーブレシーブを崩され自分たちのプレーが出せずに第1セットを終えてしまいましたが、途中出場の選手の活躍もあり、徐々に流れをつかむことができました。
 第2セット以降はミスが続く場面も見られましたが、最後まで集中して戦えたと思います。
 また明日の試合に向け、しっかり準備し戦っていきます。本日は雨の中たくさんの声援ありがとうございました。

20 石田
()
朝日
(森田)
黒後
()
田代
()
25
クリスティアネ
()
石井
()
大野
(中田)
井上
()
田原
(堀江)
鍋谷
()
堀川
()
ケイディ
()
小口 (山田) リベロ 中川
26 クリスティアネ
(鈴木)
石田
(坂本)
黒後
()
田代
()
24
田原
(森田)
朝日
(中川)
大野
(中田)
井上
(小川)
鍋谷
()
石井
()
堀川
()
ケイディ
(中島)
小口 (山田) リベロ 中川
25 坂本
()
朝日
()
黒後
()
田代
(白井)
19
クリスティアネ
()
石井
()
大野
()
小川
()
森田
()
鍋谷
(中川)
堀川
()
ケイディ
(中島)
小口 (山田) リベロ 中川
25 クリスティアネ
()
坂本
()
黒後
(野村)
白井
()
23
森田
(宮本)
朝日
()
大野
()
井上
()
鍋谷
(中川)
石井
()
堀川
()
ケイディ
(中島)
小口 (山田) リベロ 中川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 序盤からコンビネーション、ハイセットの攻撃が機能し、リードする良い展開となった。
 だが第2セット以降、相手の粘り強いディフェンスに苦しめられ、1点が欲しい時にミスが出てしまい、リズムが狂ってしまった。サーブで相手にプレッシャーをかけられなかったことも敗因だと思う。
 雨の中たくさんの応援ありがとうございました。気持ちを切り替えて明日も全員バレーで戦います。

要約レポート

 先週から始まったV・プレミアリーグ。互いにまず1勝を目指す対戦となった。
 第1セットは中盤まで両チームともに両サイドからの打ち合いの展開となったが、中盤以降、東レアローズ・黒後のバックアタックを含む多彩な攻撃が徐々に決まり、このセットを制した。
 第2セットは序盤より東レ・井上のブロックに苦戦したデンソーエアリービーズだったが、少しずつデンソーが追い上げる、手に汗握る試合となった。途中、デンソーはチャレンジ失敗で5点差まで広げられるものの、鍋谷のスパイクなどで追いつき、デュースの末にデンソーがセットを取り返した。
 第3セットは第1セット同様、序盤は一進一退の攻防となる。中盤よりデンソーの攻撃が決まりだし、リードを保ちながら粘る東レを押し切り、セットを連取した。
 第4セット、両チームともにライン判定のチャレンジがあったが、チャレンジを成功させたデンソーがそれ以降波に乗り、デンソーがリードする。終盤、東レは次第に追いつき接戦となるが、デンソーが追い上げを振り切り、セットカウント3-1でデンソーが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 森川 巧