V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
307
[開催日]
2017/10/28
[会場]
AGF鈴鹿体育館
[観客数]
2,000
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:14
[試合時間]
2:14
[主審]
城 智人
[副審]
佐々木 伸子

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 5
通算: 2勝0敗
3

ポイント
2
23 第1セット
【0:28】
25 2

ポイント
1
23 第2セット
【0:28】
25
28 第3セット
【0:28】
26
25 第4セット
【0:22】
13
15 第5セット
【0:16】
13

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日の試合は、序盤から相手エースの強打に押されてしまい、2セットダウンという苦しい展開となってしまった。それでもブロックとアタックレシーブの連携を図り、ディフェンスから徐々にリズムを作ることができた。結果として、最後まで集中して戦い抜き、勝ち切ってくれたことを嬉しく思う。
 しっかりコンディションを整えて、また明日の試合に向けて準備していきたい。
 両チームへの温かいご声援ありがとうございました。

23 古藤
(帯川)
アキンラデウォ
(栄)
ミハイロヴィッチ
()
田中(美)
()
25
野本
()
石井
()
芥川
(柴田)
奥村
(井上)
岩坂
(森谷)
新鍋
()
橘井
()
金杉
()
筒井 (戸江) リベロ 小幡
23 古藤
(帯川)
アキンラデウォ
()
ミハイロヴィッチ
()
田中(美)
()
25
野本
(座安)
石井
()
芥川
(柴田)
奥村
(山本)
岩坂
(森谷)
新鍋
()
橘井
()
金杉
(井上)
筒井 (戸江) リベロ 小幡
28
(帯川)
アキンラデウォ
()
ミハイロヴィッチ
()
田中(美)
()
26
野本
()
石井
()
芥川
()
奥村
()
岩坂
()
新鍋
()
橘井
()
金杉
(井上)
筒井 (戸江) リベロ 小幡
25
()
アキンラデウォ
()
ミハイロヴィッチ
()
田中(美)
(柴田)
13
野本
()
石井
()
芥川
()
奥村
()
岩坂
(森谷)
新鍋
()
橘井
()
金杉
()
筒井 (戸江) リベロ 小幡
15
(帯川)
アキンラデウォ
()
金杉
()
橘井
(井上)
13
野本
()
石井
()
奥村
()
芥川
(柴田)
岩坂
()
新鍋
()
田中(美)
()
ミハイロヴィッチ
()
筒井 (戸江) リベロ 小幡

監督コメント

 1、2セットは、相手のレフトからの攻撃に対してのブロックとレシーブが機能して、切り返しからの展開が良い形になっていた。4、5セット目はそれが逆にできなくなる場面が多く見られた。先週とは逆の試合展開となり、非常に悔しい気持ちだが、今日でた課題を修正して、明日の試合に臨みたい。
 本日は雨の中にもかかわらず、たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、前半は一進一退となるが、久光製薬スプリングス・新鍋のサーブや、セッターの多彩なトス回しで得点を重ねて差を広げるが、JTマーヴェラス・奥村のブロック、金杉のスパイクで逆転する。粘る久光製薬を突き放し、第1セットを先取した。
 第2セット、勢いに乗ったJTが得点を重ね、芥川のブロックでリードを広げる展開となる。久光製薬も石井・新鍋の活躍で一時逆転するが、JTは柴田のサーブで再び流れをつかみ、久光製薬を突き放しセットを連取した。
 第3セット、序盤はJTがミハイロヴィッチのブロック・サーブ、橘井のサーブでリードするが、久光製薬は野本にボールを集め、岩坂のブロック、新鍋・石井のスパイクで逆転する。JTは金杉のブロックで再び同点とするものの、久光製薬は新鍋・野本・アキンラデウォの攻撃、JT・ミハイロヴィッチの攻撃で再度アウトの応酬となるが、最後は久光製薬が逃げ切り、このセットをものにした。
 第4セット、久光製薬は新鍋のサーブ・スパイク、石井のスパイクでリードする。JTは芥川のサーブで粘るものの久光製薬は石井のサーブポイントで流れを離さない。勢いが止まらない久光製薬は、リードを保ったままセットを連取した。
 第5セット、勢いが止まらない久光製薬は、岩坂のブロックなどでリードする。JTもサーブで崩して得点する粘りを見せるが、攻守に勢いのある久光製薬が3セット連取し、逆転でこの試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 村上 直之