V・プレミアリーグ女子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
304
[開催日]
2017/10/22
[会場]
ゼビオアリーナ仙台
[観客数]
1,696
[開始時間]
16:15
[終了時間]
17:35
[試合時間]
1:20
[主審]
佐々木 伸子
[副審]
種元 桂子

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:20】
13
25 第3セット
【0:29】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 初戦を迎えるにあたって、コンディショニング、トレーニング、技術練習、チームワークや戦術の浸透を入念に準備してきた。東レは、優れた選手が多く、ラリーの中でも素晴らしいプレーがたくさんあったが、クインシーズは去年の経験を活かし、サーブ戦術とブロックやディフェンスで対抗し、勝利することができた。
 新加入のネリマンは、サーブレシーブやスパクレシーブも上手く、常に攻撃参加意識を持ってプレーし、なおかつフォローも献身的に貢献した。
 仙台では多くの声援に支えられました。どうもありがとうございました。

25 村永
(竹田)
ネリマン
()
黒後
(中島)
田代
()
19
渡邊
(安井)
荒木
()
大野
()
井上
(中田)
比金
()
高橋
()
堀川
()
ケイディ
()
榊原 リベロ 中川
25 ネリマン
()
荒木
()
黒後
(中島)
田代
(白井)
13
村永
()
高橋
(竹田)
大野
()
井上
(小川)
渡邊
(安井)
比金
()
堀川
(杉原)
ケイディ
()
榊原 リベロ 中川
25 村永
()
ネリマン
()
ケイディ
(野村)
堀川
()
22
渡邊
(中屋)
荒木
()
井上
(中田)
大野
()
比金
()
高橋
(竹田)
田代
()
黒後
()
榊原 リベロ 中川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 開幕戦ということで緊張感のある中、スタートから勢いを出していこうとゲームに入ったが、コンビミスやアタックミスから連続失点が多くなり苦しいゲームになってしまった。長いシーズンなので今日出てきた課題を修正して来週に臨みたい。
 大雨の中、ゲームを見に来てくださり、ありがとうございました。今シーズンも応援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 レシーブ力をベースにした粘りのあるトヨタ車体クインシーズに対し、若手チームになった攻撃力のある東レアローズの開幕戦。
 第1セット、中盤まで一進一退のゲーム。東レは、黒後や堀川のスパイクポイントでリードするが、トヨタ車体は粘りのレシーブから攻撃を展開し、荒木や渡邊のブロックポイントでセットを先取する。
 第2セットは、勢いに乗ったトヨタ車体がリードする展開となる。東レはケイディや田代のノータッチエースから仕掛けるがトヨタ車体も粘りのレシーブからネリマンを中心に攻撃し、セットを連取する。
 第3セットもトヨタ車体は驚異的な粘りでリズムをつくり、ネリマンや村永のスパイクでリードする。対する東レはリベロの中川のスパイクレシーブから黒後やケイディのスパイク、大野の速攻で反撃をするが、粘りのレシーブから攻め返すトヨタ車体がこのセットも取り勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 澤田 由佳