V・プレミアリーグ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
158
[開催日]
2018/01/06
[会場]
新潟市東総合スポーツセンター
[観客数]
1,200
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:28
[試合時間]
1:28
[主審]
浅井 唯由
[副審]
森口 豊

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 42
通算: 14勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:29】
21
25 第3セット
【0:26】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: 荻野 正二
コーチ: 山村 宏太
通算ポイント: 21
通算: 6勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2018年を良い形でスタートができた。一人一人が今日の試合に集中し挑んでくれた。少し連続失点が目立った。明日は連続失点を最小限に抑えたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

25 福澤
(渡辺)
清水
()
星谷
(米山)
藤中
()
18
山内
()
白澤
()
エスコバル
()
大宅
(塩田)
関田
(兒玉)
クビアク
()
栗山
()
鈴木
(小川)
永野 リベロ 鶴田
25 福澤
(渡辺)
清水
()
星谷
(小川)
藤中
(米山)
21
山内
(合田)
白澤
()
エスコバル
()
大宅
(塩田)
関田
(兒玉)
クビアク
()
栗山
()
鈴木
()
永野 リベロ 鶴田
25 山内
()
福澤
()
鈴木
()
栗山
(米山)
18
関田
(兒玉)
清水
()
大宅
(小川)
エスコバル
(山本)
クビアク
()
白澤
(今村)
藤中
()
星谷
()
永野 リベロ 鶴田 (酒井)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 3レグがスタートし、年末最後の相手であったパナソニックとのゲームだった。前回の試合よりはスタートも良く序盤の流れは作る事が出来たが、中盤以降自チームのミスから流れを掴まれてしまった。格上のチームに対しての戦い方にまだまだ修正すべき点が見つかったと思う。本日もたくさんの応援ありがとうございました。
 明日の試合も大切な試合になりますので引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。

要約レポート

 現在首位のパナソニックパンサーズと5位で追うサントリーサンバーズの3レグ初戦。
 第1セット序盤は一進一退の攻防が続くも、中盤からクビアクや清水のアタック、白澤のブロックでリードを広げる。サントリーもエスコバルのバックアタックなどで追い上げを図るが、パナソニックが逃げ切り先取した。
 第2セットに入っても中盤までにパナソニックはクビアクや白澤の活躍によりリードを広げ、最後は清水のアタックが決まりパナソニックが連取した。
 第3セットは序盤パナソニックは清水にサントリーは星谷にボールを集め接戦となるが、中盤から福澤や清水のアタックが決まりリードを広げてこのセットも奪い、この試合に勝利した。パナソニックは前戦に続きサントリーに連勝した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 池上 宗継