V・プレミアリーグ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
149
[開催日]
2017/12/09
[会場]
駒沢屋内球技場
[観客数]
1,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:54
[試合時間]
1:54
[主審]
高橋 宏明
[副審]
国頭 亮太

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: ロディ アレッサンドロ
通算ポイント: 1
通算: 0勝13敗
1

ポイント
0
19 第1セット
【0:24】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:29】
21
18 第3セット
【0:25】
25
20 第4セット
【0:27】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: アーマツ マサジェディ
コーチ: 高橋 慎治
通算ポイント: 18
通算: 6勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

ホームゲームで勝利したかったが残念です。 明日のゲームで必ず勝利したいです。 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

19 井上
()
手塚
(和中)
金丸
()
浅野
()
25
ペピチ
()
山田
()
カジースキ
()
久保山
()
長友
(山本)
栗山
()
柳澤
()
福山
()
橘(裕) リベロ 興梠 (本間)
25 ペピチ
()
井上
()
浅野
()
久保山
(清野)
21
長友
(和中)
手塚
(山本)
金丸
()
福山
()
栗山
()
山田
(衛藤)
カジースキ
(渡邉)
柳澤
(松原)
橘(裕) リベロ 興梠 (本間)
18 井上
()
手塚
(和中)
金丸
()
浅野
()
25
ペピチ
(手原)
山田
(鈴木)
カジースキ
()
久保山
()
長友
()
栗山
()
柳澤
(松原)
福山
()
橘(裕) (野瀬) リベロ 興梠 (本間)
20 ペピチ
()
井上
()
久保山
(清野)
福山
()
25
長友
(和中)
手塚
(山本)
浅野
()
松原
()
栗山
()
山田
()
金丸
(廣瀬)
カジースキ
(渡邉)
橘(裕) リベロ 興梠 (本間)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 まずは連敗を脱出できたことを素直に喜びたい。調子が悪い時やプレーがうまくいかなかった時もチーム全員で耐えて勝利を掴むことが出来た。ブレイクシーンや攻撃面に課題が残るので、明日の試合は修正して挑みたい。 明日は年内最後のリーグ戦となる為、ファンの皆様と熱く戦っていきたいと思います。 本日も応援頂いた分を力に変えて全力で戦っていきます。

要約レポート

今シーズン初めてのホームゲームで勝利を挙げたいFC東京対勝って三連敗を払拭したいジェイテクトSTINGSの一戦。
 第1セット、ジェイテクトの柳澤・カジースキ・浅野・金丸のアタックで点を重ねると、FC東京のペピチ・井上・長友で点を重ねる攻防戦が中盤まで続く。ジェイテクトはカジースキ・柳澤のアタックで徐々に点差を広げる。対するFC東京は流れを変えようとタイムアウトや選手交代を行い井上・ペピチのアタック、栗山のブロックで点を重ね追いすがるも、ジェイテクト柳澤のアタック、最後は福山のブロックで突き放し1セット目を先取した。
 第2セット、FC東京ペピチ・手塚・長友・栗山のアタック、井上のサービスエースで点を重ねると、ジェイテクトのカジースキ・柳澤・久保山・浅野のアタック、カジースキのブロックで点を重ねる攻防戦。一進一退から先に抜け出したのはFC東京の山田・手塚のブロックからであった。FC東京の手塚のサービスエース、ペピチのアタックで確実に点を重ね追いすがるジェイテクトを突き放し第2セット目を取り返した。
 第3セット、勢いに乗ったFC東京は山田のアタック・ブロックで点を重ねると、ジェイテクトは松原・興侶の好レシーブから得点につなげ、カジースキ・福山のサービスエースで点を重ねる。中盤、ジェイテクトはカジースキのアタックで連続得点から勢いに乗ったジェイテクトは久保山のアタック、松原のサービスエースで点を確実に重ねる。FC東京はペピチのアタックで応戦するが、ジェイテクトは本間・松原の好レーシーブから得点を確実に重ね、最後はカジースキのアタックで3セット目を取った。
 第4セット、後がないFC東京はペピチ・手塚・山田のアタック、ペピチのブロックで先行する。一方、ジェイテクトはカジースキ・松原のアタックで点を重ねる一進一退が続く。中盤、ジェイテクトのカジースキのアタック、松原のブロックで徐々に点差をつけ、FC東京のペピチ・手塚・井上のアタックで応戦するも、最後はジェイテクト・カジースキのアタックで勝利を手にした。正にチーム一丸による総力戦であった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 古田 法美