V・プレミアリーグ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
147
[開催日]
2017/12/03
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
1,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:55
[試合時間]
1:55
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
冨田 博一

豊田合成トレフェルサ

監督: トミー ティリカイネン
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 22
通算: 8勝4敗
3

ポイント
3
22 第1セット
【0:27】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:29】
23
25 第3セット
【0:22】
18
25 第4セット
【0:28】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: ロディ アレッサンドロ
通算ポイント: 1
通算: 0勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

 いつも応援していただき、ありがとうございます。
 この週末の我々のプレーの仕方を嬉しく思います。
 トレフェルサのメンバー全員が我々の強力なチームワークを示せたと思います。
 今後も豊田合成トレフェルサへの応援、よろしくお願いいたします。

22 高松
(川口)
内山
(岡本)
井上
()
手塚
(長友)
25

()
傳田
()
ペピチ
()
山田
(竹浪)
山田
()
白岩
(高橋)
和中
(山本)
栗山
()
古賀(幸) リベロ 橘(裕)
25 内山
(高橋)
傳田
()
井上
()
手塚
(長友)
23
高松
(川口)
白岩
(岡本)
ペピチ
()
山田
(竹浪)

()
山田
()
和中
()
栗山
()
古賀(幸) リベロ 橘(裕)
25 高松
()
内山
(岡本)
栗山
()
手塚
(長友)
18

()
傳田
()
ペピチ
(手原)
山田
(鈴木)
山田
()
白岩
()
和中
()
井上
()
古賀(幸) リベロ 橘(裕)
25 内山
(岡本)
傳田
()
井上
()
手塚
(山本)
23
高松
(川口)
白岩
()
ペピチ
()
山田
(竹浪)

(前田)
山田
()
和中
()
栗山
()
古賀(幸) リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 サーブコントロールができている時はゲームを作ることができているので、それを続けられるようにしていく。
 簡単なボールを失点して、勝負の明暗を分けた。
 本日も応援ありがとうございました。
 来週の東京で白星をつかみます。

要約レポート

 混戦模様の上位争いから抜け出したい豊田合成トレフェルサとレギュラーラウンド初勝利を目指すFC東京の対戦。
 第1セット、序盤から一進一退の白熱した展開となる。中盤、ペピチの連続サービスエースで流れをつかんだFC東京は、長友のサービスエースや手塚のアタックでリードを保つ。豊田合成は山田や近のアタックで追い上げるが、最後は井上のアタックが決まりFC東京がこのセットを先取する。
 第2セット、勢いに乗るFC東京が井上のアタックや手塚のブロックでリードするが、山田のサービスエースで逆転した豊田合成は、近や高松らのアタックで加点し、このセットを取る。
 第3セット、攻守に安定感を見せる豊田合成が高松や傳田らのアタックで得点を重ね、このセットも連取する。
 第4セット、後がないFC東京はペピチや手塚のアタックなど、全員が気迫あるプレーで接戦に持ち込む。豊田合成はセッター内山の多彩なトス回しで対抗し、高松のアタックなどでリードする。最後は白岩のアタックが決まり、3セット連取した豊田合成が逆転勝利した。
 豊田合成は終始安定した試合運びでポイント3を着実に手にした。FC東京は上位チーム相手に互角の試合内容だったが、前半の勢いが持続せず惜敗した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 坪浦 敏美