V・プレミアリーグ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
143
[開催日]
2017/12/02
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
1,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:23
[試合時間]
1:23
[主審]
冨田 博一
[副審]
千代延 靖夫

豊田合成トレフェルサ

監督: トミー ティリカイネン
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 19
通算: 7勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:26】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:26】
22
25 第3セット
【0:25】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: アーマツ マサジェディ
コーチ: 高橋 慎治
通算ポイント: 15
通算: 5勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 いつもサポートしていただき、本当にありがとうございます。
 全員が各々の持ち味を発揮した試合でした。
 クリスティアンソンシニアヘッドコーチが全員を奮い立たせ、選手は試合に闘える準備をしてくれた。選手はどんな場面でも集中し、我々のゲームプランを実行しました。
 また、試合会場で会いましょう。

25 内山
()
傳田
()
柳澤
()
渡邉
()
19
高松
()
白岩
(岡本)
金丸
()
辰巳
()

()
山田
()
カジースキ
()
浅野
(袴谷)
古賀(幸) リベロ 興梠 (本間)
25 内山
()
傳田
()
金丸
()
柳澤
()
22
高松
()
白岩
(岡本)
カジースキ
()
渡邉
()

()
山田
(川口)
浅野
()
辰巳
()
古賀(幸) リベロ 興梠 (本間)
25 内山
(高橋)
傳田
()
金丸
()
カジースキ
()
20
高松
(川口)
白岩
(岡本)
袴谷
()
久保山
()

()
山田
()
浅野
(柳澤)
辰巳
()
古賀(幸) リベロ 興梠 (本間)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 普段通りのパフォーマンスを発揮するのは本当に難しいことだと思い知らされたゲームとなった。相手チームのパフォーマンスに対して我々はそれを跳ね返すことができなかった。
 今日の敗戦は本当に悔しいが、まだ明日も試合があるので、気持ちを切り替え準備していく。
 再び勝利の瞬間をファンの皆様とわかちあえるよう、これからも戦い続けていきますので、引き続きご声援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 現在,熾烈な上位争いを繰り広げている豊田合成トレフェルサとジェイテクトSTINGSの対戦。
 第1セット,両チームとも安定したサーブレシーブから豊田合成は高松や傳田,ジェイテクトは金丸や柳澤がそれぞれアタックを決め,前半は一進一退の展開。後半,山田のサービスエースや白岩のアタックなどでリードを広げた豊田合成がまずこのセットを先取する。
 第2セット,カジースキのアタックや金丸のブロックなどでジェイテクトが中盤までリードを保つ。しかし,粘る豊田合成は傳田のサービスエースで同点に追いつくと,その後,近や山田のアタックが決まり,逆転でこのセットも連取する。
 第3セット,豊田合成が山田のサービスエースや白岩のアタックなどでリードする。ジェイテクトは浅野や柳澤のアタックで反撃するが及ばず,このセットも豊田合成が取り,セットカウント3?0で勝利を手中にした。
 豊田合成はレギュラーラウンドでの連敗を止め,上位争いに向け貴重な勝利をあげた。ジェイテクトは第3セット,セッターに久保山を投入するなど立て直しを図ったが,要所でのミスが響き痛い敗戦となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 坪浦 敏美