V・プレミアリーグ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
141
[開催日]
2017/12/02
[会場]
堺市金岡公園体育館
[観客数]
1,892
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:03
[試合時間]
2:03
[主審]
山本 和良
[副審]
原 啓之

堺ブレイザーズ

監督: 真保 綱一郎
コーチ: 坂梨 朋彦
通算ポイント: 12
通算: 4勝7敗
3

ポイント
3
19 第1セット
【0:23】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:28】
20
25 第3セット
【0:26】
18
31 第4セット
【0:37】
29
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 20
通算: 7勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日、東レの強力なサーブ・粘りに何度も負けそうになったが、選手たちは我慢強く凌いでくれた。
また、今日はホームの大声援に勝たせて頂きました。
明日もしっかり準備をしてゲームに臨みたい。ご声援のほど宜しくお願い致します

19 ウォレス
()
出耒田
()
藤井
()

()
25
千々木
()
伊藤
()
鈴木
(井手)
米山
()
松本
()
山口
()
伏見
()
ギャビン
()
井上 (今富) リベロ 渡辺
25 千々木
()
ウォレス
()
鈴木
(井手)
藤井
(佐野)
20
松本
(内藤)
出耒田
()
伏見
()

()
山口
(佐川)
伊藤
(堤)
ギャビン
()
米山
()
井上 (今富) リベロ 渡辺
25 山口
()
松本
(内藤)
藤井
()

()
18
伊藤
(堤)
千々木
()
鈴木
(井手)
米山
()
出耒田
()
ウォレス
()
伏見
(峯村)
ギャビン
()
井上 (今富) リベロ 渡辺
31 山口
(佐川)
松本
(内藤)
鈴木
(井手)
ギャビン
()
29
伊藤
()
千々木
()

()
伏見
(峯村)
出耒田
(堤)
ウォレス
()
藤井
()
米山
(星野)
井上 (今富) リベロ 渡辺

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 終始、堺ブレイザーズの勢いに押される厳しい内容のゲームだった。切り替えて明日のゲームに臨みたいと思う。
本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 現在2位の東レアローズは、序盤からギャビンにボールを集めて波に乗り、第1セットを先取する。対する堺ブレイザーズは、出耒田の鋭いサーブ、高いブロックなどで流れを引き戻すと第2・第3セットを連取した。このまま流れは堺かと思われたが、第4セット、東レは驚異の粘りを見せる。伏見、李らのブロックから切り返し、セッター藤井が見事なトスワークで相手ブロッカーを翻弄するコンビバレーを展開。まさに死闘とも呼べる戦いとなった。しかし最後は堺がこの日大活躍のウォレスの突き刺さるような36点目のスパイクを決め地元ファンの大声援のもと3-1で激闘を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 吉岡 奈々