V・プレミアリーグ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
129
[開催日]
2017/11/18
[会場]
三島市民体育館
[観客数]
1,168
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:26
[試合時間]
1:26
[主審]
西中野 健
[副審]
江下 毅

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 15
通算: 5勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:26】
21 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
22
25 第3セット
【0:30】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: ロディ アレッサンドロ
通算ポイント: 1
通算: 0勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今シーズン初のホームゲームという緊張感の中で、しっかりとストレート勝ちを収められた事は価値ある1勝であった。
 チームとしての方向性が定まってきたので、これから更に勢いを過走させていきたいと思う。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。

25 鈴木
()
ギャビン
()
長友
()
手原
(鈴木)
21

()
富松
()
竹浪
()
衛藤
()
藤井
(佐野)
峯村
(井手)
ペピチ
(玉宅)
手塚
(山本)
渡辺 リベロ 橘(裕)
25 鈴木
(井手)
ギャビン
()
竹浪
()
長友
()
22

()
富松
()
ペピチ
()
手原
()
藤井
(佐野)
峯村
(米山)
手塚
(和中)
衛藤
(近江)
渡辺 リベロ 橘(裕)
25 鈴木
(井手)
ギャビン
()
長友
()
手原
(玉宅)
22

()
富松
()
竹浪
(近江)
衛藤
()
藤井
(佐野)
峯村
(米山)
ペピチ
()
手塚
(和中)
渡辺 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 相手のブロックとディフェンスに対してミスが重なってしまった。
 粘り強くゲームを展開していきたい。
 本日も寒い中、応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホーム初戦での勝利を目指す東レアローズと、初勝利を目指すFC東京の一戦は、第1セット東レ・富松の好ブロックでスタート、藤井・李のブロックと鈴木のアタックで点差を広げた。FC東京も長友のアタックとサービスエース等で反撃する。中盤FC東京・長友と衛藤のアタックが決まり2点差まで追い上げるも、攻め切った東レが先取した。
 第2セットも序盤から東レは鈴木とギャビンが、FC東京は手塚と長友が打ち合い一進一退の攻防戦が続くも、東レ・富松の強烈なアタックで連取した。
 第3セット東レ・富松と李がブロックを決めると、FC東京もペピチの力強いアタックと途中出場した和中の好レシーブからのアタックで東レに食らいつく。しかし、ネット際での藤井のトスで制した東レが、アローズブルーに埋め尽くされたホームで嬉しい勝利を手にした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 村松 ゆかり