V・プレミアリーグ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
120
[開催日]
2017/11/05
[会場]
ジェイテクトアリーナ奈良(橿原公苑第一体育館)
[観客数]
1,900
[開始時間]
15:25
[終了時間]
16:53
[試合時間]
1:28
[主審]
山本 晋五
[副審]
國頭 亮太

ジェイテクトSTINGS

監督: アーマツ マサジェディ
コーチ: 高橋 慎治
通算ポイント: 9
通算: 3勝2敗
3

ポイント
3
26 第1セット
【0:31】
24 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
17
25 第3セット
【0:28】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: 荻野 正二
コーチ: 山村 宏太
通算ポイント: 7
通算: 2勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 まず、今日の勝利で勝ち点3を取れたことを素直に喜びたい。選手一人一人が良いパフォーマンスを発揮し、特に今日はシステムがうまく機能していた。
 また、大勢の声援を背に、奈良のホームゲーム初勝利という形で、恩返しができた事も良かった。
 プレーしてくれた選手、応援して頂いた方々、全ての人に感謝したい。

26 福山
()
カジースキ
()
山本
(星谷)
塩田
()
24
久保山
()
袴谷
()
藤中
(米山)
栗山
()
浅野
(柳澤)
金丸
()
鈴木
(小川)
エスコバル
()
興梠 (本間) リベロ 鶴田 (高橋)
25 福山
()
カジースキ
()
藤中
(米山)
山本
(岡本)
17
久保山
()
袴谷
()
鈴木
()
塩田
()
浅野
()
金丸
()
エスコバル
(小川)
栗山
()
興梠 (本間) リベロ 鶴田 (高橋)
25 福山
()
カジースキ
()
山本
()
星谷
()
19
久保山
()
袴谷
()
米山
(藤中)
栗山
(小川)
浅野
(柳澤)
金丸
()
鈴木
()
エスコバル
()
興梠 (本間) リベロ 鶴田 (高橋)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 最近の試合の中では一番いいスタートを切ることが出来たが、自チームのサーブミスが多く、流れを掴むことが出来なかった。今後の課題は明確なので、1つ1つ修正しながら強化していきたい。
 本日も沢山のご声援、ありがとうございました。

要約レポート

 ホームグラウンドで勝利を飾りたいジェイテクトSTINGSと2連勝で波に乗っているサントリーサンバーズの一戦。
 第1セット、ジェイテクトはカジースキの攻撃で得点を重ね、リードを広げる。サントリーは栗山、エスコバルのスパイクで追いあげデユースにもつれ込んだが、最後はカジ-スキのスパイクでジェイテクトがセットをとった。
 第2セット、浅野のバックアタックやカジースキのアタックでジェイテクトが徐々にリードを広げる。サントリーは選手交代で入った小川のスパイクなどで粘りを見せるも、ホームグラウンドで1勝をあげたいジェイテクは気迫溢れるプレーで2セット連取した。
 第3セット、流れに乗るジェイテクトは序盤から得点を重ねリードを広げるが、粘るサントリーは、栗山に代わって入った小川がチームの流れを変え、エスコバルが豪快なスパイクを決め追い上げるが、ジェイテクは粘るサントリーをつきはなし、見事勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 須貝 縦