V・プレミアリーグ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
119
[開催日]
2017/11/05
[会場]
ジェイテクトアリーナ奈良(橿原公苑第一体育館)
[観客数]
1,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:50
[試合時間]
1:50
[主審]
中山 健
[副審]
江下 毅

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 9
通算: 3勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
20 1

ポイント
0
26 第2セット
【0:27】
24
18 第3セット
【0:24】
25
25 第4セット
【0:27】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: ロディ アレッサンドロ
通算ポイント: 0
通算: 0勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日のゲームは、何度も苦しい展開となったが、その都度粘り強いバレーを実践して苦しい展開を打破することが出来た。
 今後も総力戦で一致団結して、戦い抜いていきたいと思う。
 本日も沢山の応援、ありがとうございました。

25 ギャビン
()
富松
()
竹浪
()
長友
()
20
鈴木
()
米山
(峯村)
ペピチ
(玉宅)
手原
(鈴木)
伏見
()
藤井
()
手塚
(和中)
栗山
()
井手 リベロ 橘(裕)
26 鈴木
()
ギャビン
(佐野)
竹浪
()
長友
(山本)
24
伏見
(峯村)
富松
()
ペピチ
()
手原
()
藤井
(星野)
米山
()
手塚
(和中)
栗山
()
井手 リベロ 橘(裕)
18 ギャビン
(阿部)
富松
()
竹浪
()
長友
(山本)
25
鈴木
()
米山
()
ペピチ
()
手原
()
伏見
(峯村)
藤井
(佐野)
手塚
(和中)
栗山
()
井手 リベロ 橘(裕)
25 鈴木
()
ギャビン
()
竹浪
()
長友
(山本)
23
伏見
(小宮)
富松
()
ペピチ
()
手原
(衛藤)
藤井
(佐野)
米山
(峯村)
手塚
(和中)
栗山
()
井手 (渡辺) リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 選手はベストを尽くした。細かい部分を修正して次のゲームに向けた準備をしていきたい。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。来週もよろしくお願いします。

要約レポート

 今季3勝目を狙う東レアローズと初勝利を目指すFC東京の一戦。
 第1セット、序盤はギャビンの攻撃で東レがリードする。FC東京もぺピチの連続サービスエースなどで粘りを見せるが、東レの勢いが衰えず、得点を重ねて東レが1セット目を制した。
 第2セット、FC東京のぺピチと東レのギャビンの打ち合いでデユースまでもつれこむ。最後はギャビンの攻撃で押し切り、東レが2セット目も制した。
 第3セット、長友の攻守にわたる活躍と、山本の好レシーブでFC東京が流れをつかみ、終始リードしたまま、FC東京が3セット目を取り返した。
 第4セット、中盤までお互いの持ち味を出し、互角の展開で進んでいく。FC東京が一歩抜け出すが、東レは粘り強く追いつき、、最後は伏見の攻撃で押し切り、東レが4セット目を制し収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 須貝 縦