V・プレミアリーグ男子 2017/18 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
117
[開催日]
2017/11/05
[会場]
福井県営体育館
[観客数]
1,261
[開始時間]
13:08
[終了時間]
14:43
[試合時間]
1:35
[主審]
小野 将人
[副審]
森口 豊

堺ブレイザーズ

監督: 真保 綱一郎
コーチ: 坂梨 朋彦
通算ポイント: 0
通算: 0勝5敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【0:31】
25 3

ポイント
3
29 第2セット
【0:34】
31
12 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: サトレル ティネ
通算ポイント: 8
通算: 3勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は、テレビをご覧の皆様、会場の観客の皆様に非常に申し訳ない試合をしてしまいました。
これからもシーズンは続くので、しっかりと立て直していきます。
本日も応援ありがとうございました。

23 出耒田
(松本)

()
深津
()
中島
()
25
佐川
()
ウォレス
()
吉岡
()
山本
()
千々木
(伊藤)
竹元
(内藤)
筧本
(八子)
エドガー
()
井上 (今富) リベロ 井上(航)
29 松本
()

()
吉岡
()
深津
()
31
佐川
(山口)
ウォレス
()
筧本
(金子)
中島
()
千々木
(伊藤)
竹元
(内藤)
エドガー
()
山本
(久原)
井上 (今富) リベロ 井上(航)
12 松本
(内藤)

()
深津
(金子)
中島
()
25
山口
(佐川)
ウォレス
()
吉岡
()
山本
(井上(慎))
千々木
(伊藤)
竹元
()
筧本
()
エドガー
()
井上 (今富) リベロ 井上(航)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 両チームともに、星を落とせない非常に重要な試合だった。
 1セット目は、両者に硬さがみられたものの、セットを取ることができた。
 2セット目は、相手に3度セットポイントを取られたが、粘りを見せて自分たちが、最終的にとれた事が勝敗を分けたと思う。
 選手たちは、集中して一つになって戦っていたことは、素晴らしかった。おめでとうと言いたい。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 今シーズンの初勝利を飾りたい堺ブレイザーズと3勝目を挙げたいJTサンダーズとの一戦。
 第1セットは、JTのエドガーのスパイク、ブロックが効果的に決まり、中盤まで優位に試合を進める。対する堺はウォレスの強烈なサーブや内藤のサービスエースで終盤に追いつく。しかし、好調なエドガーのスパイクが勝負所で決まり、このセットをJTが先取した。
 第2セットは、堺がセッターを佐川から山口に代え、サイド攻撃中心のバレーを展開し、終盤まで拮抗した試合展開となる。しかし、最後は堺のウォレスのスパイクをJTの山本がブロックし、第2セットも連取した。
 第3セット、後がない堺がウォレスやセンターの松本の攻撃で食い下がるものの、JTの勢いは止まらずエドガー中心の攻撃が冴え、終始JTがリードし、ストレートで勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 保谷 徳幸