チャレンジマッチ女子2016/17 チャレンジマッチ

試合会場レポート

[試合番号]
917
[開催日]
2017/03/12
[会場]
大和スポーツセンター
[観客数]
1,965
[開始時間]
10:00
[終了時間]
11:30
[試合時間]
1:30
[主審]
田中 昭彦
[副審]
村上 成司

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗
0

ポイント
0
24 第1セット
【0:30】
26 3

ポイント
3
24 第2セット
【0:30】
26
17 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1、2セットを取るチャンスがありながら勝ちきれなかったことで、上尾に勢いをつけてしまった。
 昨日の勝利でレシーブの厳しさにかげりが出た時間があったため、そのスキがカルデロンディアス選手をのせてしまった。
 2日間に渡り大声援ありがとうございました。負けを真摯に受け止め、力を蓄え、さらに力強いチームに成長していきたいと思います。

24 佐々木
()

()
松本
(大室)
荒木
()
26
山口
(大楠)
川島
(居村)
冨永
()
近藤
()
宮下
()
金田
()
カルデロンディアス
()
丸山
()
丸山(亜) (森田) リベロ 山岸
24 大楠
(山口)
佐々木
()
カルデロンディアス
()
冨永
()
26
宮下
()

()
丸山
(青柳)
松本
()
金田
()
川島
(居村)
近藤
(有田)
荒木
()
丸山(亜) リベロ 山岸
17 金田
(吉田)

(宇賀神)
松本
()
荒木
()
25
山口
()
川島
(居村)
冨永
()
近藤
()
宮下
(川畑(愛))
佐々木
()
カルデロンディアス
()
丸山
()
丸山(亜) (森田) リベロ 山岸

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は、本当に選手たちが一丸となって頑張ってくれました。それ以外にはありません。
 昨年のV・チャレンジマッチ後に「必ず一年でV・プレミアリーグに復帰する」と宣言してスタートしたチームですが、多くの方々の支えもあってV・チャレンジマッチで勝利できたことを嬉しく思います。
 本日も多くの熱い声援がチームの力になりました。本当にありがとうございました。
 今後も上尾メディックスの応援、よろしくお願いいたします。

要約レポート

 
 V・プレミアリーグ7位の岡山シーガルズとV・チャレンジリーグⅠ2位の上尾メディックスのVチャレンジマッチ第2戦。前日、敗戦している上尾は、カルデロンディアスの高さとパワーのあるスパイクを岡山のディフェンスがいかに守り、攻撃に繋げ崩せるかが、勝負の鍵となった。
 第1セット、上尾はカルデロンディアスの高い打点からのスパイク、岡山はセッター宮下の相手に的を絞らせないトス回しで、互いに得点を重ねる。最後まで一進一退の攻防が続いたが、上尾が第1セットを先取することに成功した。
 第2セット、岡山は宮下のトスによる様々な場所からの攻撃で得点を重ね終盤までリードしていたが、上尾はこの日好調のカルデロンディアスのスパイクでリズムを作り、逆転により2セット連取に成功した。
 第3セット、上尾はカルデロンディアスのスパイクに加え、センターからの速攻も織り交ぜ、これまでのセットとは違うリズムで岡山のディフェンスを翻弄し、岡山を寄せ付けなかった上尾がストレートで勝利。
 この結果により、2戦合計でポイント、勝率が並んだものの、セット率の差で上尾が勝利となった。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 稲葉 達也