チャレンジリーグ入替戦男子2016/17 チャレンジマッチ

試合会場レポート

[試合番号]
904
[開催日]
2017/03/05
[会場]
パナソニックアリーナ
[観客数]
300
[開始時間]
16:30
[終了時間]
18:30
[試合時間]
2:00
[主審]
原 啓之
[副審]
西中野 健

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 5
通算: 2勝0敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:27】
27 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:22】
19
28 第3セット
【0:27】
26
17 第4セット
【0:20】
25
15 第5セット
【0:12】
10

【 】内はセット時間

東京ヴェルディ

監督: 瀧澤 利一
コーチ:
通算ポイント: 1
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2勝でV・チャレンジリーグⅠに残る事が出来た。
 応援いただいたファンの皆様のおかげです。
 来季も頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。
 今シーズン、本当にありがとうございました。

25 川畑
(高橋)
浜田
()
田尻
()
榎本
()
27
小島
()
中津
()
倉田
()
三浦
()
金丸
()
茂木
()
大下
(清水)
中村
()
川崎 リベロ 小林
25 川畑
()
浜田
()
倉田
()
田尻
()
19
小島
()
中津
()
大下
(清水)
榎本
()
金丸
()
茂木
()
中村
()
三浦
(早瀬)
川崎 リベロ 小林 (浅岡)
28 川畑
(高橋)
浜田
()
田尻
()
榎本
()
26
小島
()
中津
()
倉田
()
三浦
(與崎)
金丸
()
茂木
(林)
大下
(清水)
中村
()
川崎 リベロ 小林
17
()
伊元
(浜田)
倉田
(飯塚)
田尻
()
25
小島
()
中津
()
大下
(清水)
榎本
()
金丸
(伊藤)
茂木
()
中村
()
與崎
()
川崎 リベロ 小林 (浅岡)
15 川畑
()
伊元
()
田尻
(奥田)
榎本
()
10
小島
(伊藤)
中津
()
倉田
()
與崎
(早瀬)
金丸
()
茂木
(高橋)
大下
(清水)
中村
()
川崎 リベロ 小林 (浅岡)

監督コメント

 スタートからムード良く入り、第1セットを取る事が出来た。しかし、後半は我慢の展開だったが粘り負けし、セットを落としてしまい、勝利をあげることが出来なかった。
 今シーズン、応援して頂きましたサポーター、ファン、関係者の皆様、ありがとうございました。

要約レポート

 昨日に続き勝利をし、V・チャレンジリーグⅠ残留を目指す埼玉アザレアと、負けられない東京ヴェルディの第2戦。
 第1セット、序盤は東京ヴェルディがリードするも、中盤、埼玉が川畑のスパイクで勢いに乗り、終盤まで一進一退の攻防が続く。しかし、最後は東京ヴェルディが倉田のスパイクで先取した。
 第2セット、埼玉はセッター金丸の安定したトスワークで東京ヴェルディのディフェンスを崩し、川畑がスパイク、ブロックで活躍し、取り返した。
 第3セット、両チーム負けられない気持ちがぶつかる熱戦となったが、終盤までどちらが勝ってもおかしくない状況の中、要所で埼玉は川畑の連続ブロックや、茂木の強烈なスパイクが東京ヴェルディのコートに決まり、連取した。
 第4セット、最後まで勝利をあきらめない東京ヴェルディが三浦に代わって入った與崎のスパイクで波に乗り、中村のサーブで連続得点を奪い、取り返した。
 第5セット、何としても勝利で終えたい埼玉が、小島の速攻や金丸の連続サービスエースなどで東京ヴェルディを突き離す。東京ヴェルディも中村のスパイクで食い下がるが、埼玉は川畑のスパイクが決まり、V・チャレンジリーグⅠ残留を勝利で決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 八木 俊樹