V・プレミアリーグ男子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
190
[開催日]
2017/02/25
[会場]
大阪市中央体育館
[観客数]
2,500
[開始時間]
11:00
[終了時間]
13:15
[試合時間]
2:15
[主審]
田野 敏彦
[副審]
西中野 健

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 13
通算: 3勝0敗
3

ポイント
2
24 第1セット
【0:29】
26 2

ポイント
1
20 第2セット
【0:28】
25
25 第3セット
【0:25】
23
25 第4セット
【0:26】
22
15 第5セット
【0:15】
11

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 阿部 純也
通算ポイント: 2
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 非常にスタートの悪い試合だった。
 しかしながら全員の気持ちがこもったプレーで、勝ちきれたことは良かったと思う。
 次の試合も激しい試合が予測されるが、全員で闘い抜くので、応援よろしくお願いします。
 今日もたくさんの方々に足を運んで頂き、本当にありがとうございました。

24 傳田
(椿山)
山田
()
古田
(清野)
福山
(松原)
26
内山
(前田)
イゴール
()
カジースキ
()
高橋(和)
()
高松
(川口)

()
金丸
()
久保山
(廣瀬)
古賀(幸) リベロ 本間
20 傳田
()
山田
(岡本)
清野
()
福山
(松原)
25
内山
(前田)
イゴール
()
カジースキ
()
高橋(和)
()
高松
()

()
金丸
()
久保山
()
古賀(幸) リベロ 本間
25 高松
()
内山
(細中)
清野
(廣瀬)
福山
()
23

()
傳田
()
カジースキ
()
高橋(和)
()
イゴール
()
山田
(川口)
金丸
()
久保山
()
古賀(幸) リベロ 本間
25 内山
(前田)
傳田
()
清野
()
福山
()
22
高松
()
山田
(川口)
カジースキ
()
高橋(和)
()

()
イゴール
()
金丸
()
久保山
()
古賀(幸) リベロ 本間
15 内山
(山近)
傳田
()
カジースキ
()
清野
()
11
高松
(川口)
山田
()
金丸
()
福山
(松原)

(椿山)
イゴール
()
久保山
(廣瀬)
高橋(和)
()
古賀(幸) リベロ 本間

監督コメント

 今週の試合は、ファイナル3につなげるために大切な試合であった。
 全てのセットで競った試合であったが、豊田合成の精度の高いバレーと粘り強いプレーに逆転された。しかし、その中でも自分達のバレーができたのは収穫であった。
 明日の試合も一人一人が自信を持ってプレーしてくれることを信じている。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

要約レポート

 現在、ファイナル6を首位で走る豊田合成トレフェルサと5位のジェイテクトSTINGSの一戦は、イゴールを軸に攻撃を展開した豊田合成がフルセットの末勝利した。

 第1、第2セット、ジェイテクトは、高橋(和)の攻撃や清野がブロックを見極めた粘り強いアタックで主導権を握ると、カジースキの強打とサーブも効果的に決まりゲームを優位に進めることができ、相手に付け入る隙を与えず連取した。
 一方、豊田合成は、第3セットからイゴールにトスを集めて、一気に流れを奪い返すと、セッター内山も正確なトスを繰り出し、サイドから高松が丁寧にスパイクを決め、得点を重ねてファイナルセットへつないだ。第5セット、豊田合成は攻撃の手を緩めず、ジェイテクトを退けた。
 豊田合成は、この勝利でファイナル3への切符を一気に引き寄せた。 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 小出 一平