V・プレミアリーグ男子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
186
[開催日]
2017/02/18
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
2,615
[開始時間]
13:05
[終了時間]
14:23
[試合時間]
1:18
[主審]
山本 和良
[副審]
戸川 太輔

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 7
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
20
25 第3セット
【0:23】
17
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 真保 綱一郎
コーチ: 坂梨 朋彦
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 大変重要なファイナル6初戦を高い集中力で臨み、ポイント3を獲得出来た事は非常に大きい。
 今後も負けられない試合が続くので集中力を切らさず質の高いバレーを展開していきたいと思う。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。

25
()
鈴木
()
松本
(内藤)
高野
(伊藤)
17
藤井
()
ジョルジェフ
()
ウォレス
()
佐川
()
米山
()
富松
()
千々木
(今富)
出耒田
()
井手 リベロ 井上
25 藤井
()

()
松本
(内藤)
高野
()
20
米山
()
鈴木
()
ウォレス
()
佐川
(木村)
富松
()
ジョルジェフ
()
千々木
(今富)
出耒田
()
井手 リベロ 井上
25
()
鈴木
()
松本
(内藤)
高野
()
17
藤井
()
ジョルジェフ
()
ウォレス
()
佐川
(玉宅)
米山
()
富松
()
千々木
(今富)
出耒田
()
井手 リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 チームの完成度の差が、各セットの終盤に出て、セットを落としてしまう試合となった。
 明日の試合に向けて、しっかりと修正し挑みたい。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 V・レギュラーラウンド2位の東レアローズと6位の堺ブレイザーズの一戦は、サーブで相手を翻弄した東レに軍配があがった。
 第1セット、立ち上がりから硬さが見られた堺に対し、東レはジョルジェフを中心とした攻撃で試合を優位に進めていく。
流れを変えたい堺だがサーブミスが目立ち、そのまま東レが第1セットを先取する。
 第2セット、東レはジョルジェフ、堺はウォレスを中心とした攻撃で両者一歩も引かないシーソーゲームとなる。中盤、東レのセッター藤井はマークが厳しくなるジョルジェフに対し、富松のクイック攻撃を絡めて相手ブロックを翻弄し、徐々に引き離す。その後ブロックが分散したところを再びジョルジェフを中心とした攻撃で得点を重ね2セット連取する。
 第3セット、後がない堺は松本・出耒田のクイックや千々木のバックアタックなど多彩な攻撃を仕掛けて得点を重ねる。しかし、トスの乱れやサーブミスで流れを掴みきることができない。一方東レは、セット序盤に相手のリズムで試合が進む我慢の展開だったが、鈴木・李のサーブで相手を乱し徐々に自分達のリズムを取り戻し、終盤はジョルジェフのサイド攻撃で一気に相手を引き離してこのセットも奪い、試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山本 徹