V・プレミアリーグ女子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
399
[開催日]
2017/03/05
[会場]
横浜文化体育館
[観客数]
2,900
[開始時間]
15:40
[終了時間]
17:56
[試合時間]
2:16
[主審]
北村 友香
[副審]
澤 達大

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 10
通算: 2勝3敗
2

ポイント
1
18 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
2
18 第2セット
【0:25】
25
28 第3セット
【0:30】
26
25 第4セット
【0:21】
16
17 第5セット
【0:26】
19

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 8
通算: 2勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 ファイナル6最終戦、たくさんのご声援ありがとうございました。
 序盤サーブレシーブが入らず、いつも通りの攻撃ができませんでした。相手に気持ちよく撃ち込まれてしまうパターンばかりでブロックの締まりがとても甘かったと思います。自分達のミスで流れが悪いままの試合運びとなってしまいました。終盤追い上げるかたちとなり、そしてファイナル3進出決定ではありますが、今日の試合の中で課題となったものはたくさんあります。
 もう一度気持ちを引き締めて、ファイナル3で良い結果を出したいと思います。

18 ジャクソン
()
内瀬戸
()
寺井
()
橘井
()
25
佐藤(美)
()
遠井
(間橋)
中村
()
田中(美)
()
渡邊
()
芳賀
()
田中(瑞)
()
奥村
()
佐藤(あ) リベロ 小幡
18 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
寺井
(井上)
橘井
()
25
渡邊
()
内瀬戸
()
中村
()
田中(美)
()
芳賀
(井上)
遠井
()
田中(瑞)
()
奥村
()
佐藤(あ) リベロ 小幡
28 佐藤(美)
()
ジャクソン
(下平)
寺井
(井上)
橘井
()
26
渡邊
(栗原)
内瀬戸
()
中村
(柴田)
田中(美)
(シッティラック)
井上
()
遠井
(小池)
田中(瑞)
()
奥村
()
佐藤(あ) リベロ 小幡
25 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
寺井
()
橘井
()
16
栗原
()
内瀬戸
()
中村
()
田中(美)
()
井上
()
遠井
()
田中(瑞)
(金杉)
奥村
()
佐藤(あ) リベロ 小幡
17 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
寺井
(井上)
橘井
()
19
栗原
(小池)
内瀬戸
()
中村
(柴田)
田中(美)
(シッティラック)
井上
()
遠井
()
田中(瑞)
()
奥村
()
佐藤(あ) リベロ 小幡

監督コメント

 
 1、2セットはディフェンスが機能し、優位に戦えていたが、3セット以降サーブの効果が低く、相手に主導権を握られる展開となった。5セットも序盤でリードされる厳しい状況であったが、チーム全員で気持ちを切らさずに戦った結果、勝つことができた。
 今リーグの結果は満足できるものではなかったが、リーグで得た成果と反省点を今後の成長につなげていけるよう、しっかりと取り組んでいきたい。
 リーグを通して、たくさんの温かいご声援、ありがとうございました。

要約レポート

 
 第1、2セット、JTマーヴェラスは田中(瑞)、中村の活躍により得点を重ねる。対する日立リヴァーレは芳賀の攻撃、井上のブロック、フェイント、サービスエースによる連続得点などもみられたが、JTが勢いに乗り、2セット連取した。
 第3セットは両者ともに粘り強い守備が続き、互いに譲らない展開となった。JTはシッティラックの強烈なスパイクが決まるも、日立は途中栗原を投入し、ジャクソンの高いブロック、栗原、井上の緩急をつけた攻撃などにより得点し、第3セットを奪った。
 第4セット、日立はジャクソンのスパイク、ブロックで立て続けに得点し勢いに乗りセットを奪った。
 第5セット両者攻守ともに息をつかせぬ展開となった。日立は佐藤(あ)の守備、ジャクソン、内瀬戸、栗原の攻撃で勢いを付けたが、JTは柴田の好レシーブ、シッティラックの強打により追いつく。最後はJT・田中(瑞)、中村の気迫が勝り、JTが勝利した。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 大谷 清子