V・プレミアリーグ女子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
396
[開催日]
2017/03/04
[会場]
横浜文化体育館
[観客数]
2,300
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:26
[試合時間]
1:26
[主審]
田野 敏彦
[副審]
北村 友香

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 14
通算: 3勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:31】
23
25 第3セット
【0:22】
13
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 10
通算: 3勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

  厳しい戦いになるのは覚悟していた。スタートからのプレーで試合の主導権を握ることが出来た。
 また、先週同様たくさんの応援も力になった。
 ファイナル6も残り1試合となったが今まで同様全力でプレーしたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。
 

25 近江
()
ニコロバ
()
岩坂
()
石井
()
22
上野
()
大野
(柳田)
長岡
()
中大路
(野本)
山口
()
古賀
(山内)
新鍋
()
トカルスカ
(栄)
鳥越 リベロ 筒井 (戸江)
25 近江
()
ニコロバ
()
長岡
(野本)
岩坂
()
23
上野
(島村)
大野
(山内)
新鍋
()
石井
()
山口
()
古賀
(柳田)
トカルスカ
()
中大路
(古藤)
鳥越 リベロ 筒井 (戸江)
25 近江
()
ニコロバ
()
石井
()
古藤
(中大路)
13
島村
(柳田)
大野
()
岩坂
()
トカルスカ
(石橋)
山口
()
古賀
(山内)
新鍋
()
野本
()
鳥越 リベロ 筒井 (戸江)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

  私たちにとってファイナル6最終戦。勝って次のステージに繋げる大事な一戦であったが、最後まで自分たちのバレーをさせてもらえなかった。
 組織的なディフェンスに攻撃が機能せず、反対にニコロバ選手を中心に力強い攻撃を展開され、苦しい敗戦となってしまった。
 混戦したファイナル6の中、最後まで温かいご声援をいただいた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
 

要約レポート

 ファイナル6・1位のNECレッドロケッツと2位の久光製薬スプリングスの対決。
 NECは、大野・上野・島村らミドルブロッカーのブロックと他の選手のレシーブが素晴らしいほどに機能した。スパイクレシーブ・ブロックへ当たったボールのつなぎから、セッター山口はもちろんのことリベロの鳥越もバックゾーンからきれいなトスを上げ、ニコロバ・古賀の高さのあるスパイク、近江の強弱織り交ぜた攻撃、大野・上野・島村の幅のあるクイックによりリズムよく得点を重ねっていった。
 一方、久光製薬は、トカルスカの高いブロックを軸としたディフェンスと長岡・石井・新鍋のサイドからのスパイク、岩坂の高さのあるクイックにより、NECを追い上げていく形で得点を重ねていった。
 第2セット、中盤に久光製薬がセッターを中大路から古藤に交代し、一時NECに先行したものの、終盤でのキャプテン長岡の負傷、交代もあり、NECが連取した。
 第3セット、久光製薬キャプテン長岡が先発しない中、NECがますます勢いに乗るというように明暗が分かれ、ストレートでNECが勝利した。
 この結果、NECはファイナル6の1位が確定し、優勝決定戦進出が決定した。また、久光製薬も他の試合の結果により、ファイナル3進出が確定した。
 NECは、チーム一丸となり躍動感あふれたプレーを繰り出し、終始、良いリズムで試合を進めたという点で、今後につながる試合となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 小川 浩二