V・プレミアリーグ女子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
393
[開催日]
2017/02/25
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
3,000
[開始時間]
15:50
[終了時間]
18:01
[試合時間]
2:11
[主審]
高橋 宏明
[副審]
田中 昭彦

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 6
通算: 1勝2敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:25】
19 2

ポイント
1
20 第2セット
【0:24】
25
28 第3セット
【0:31】
26
19 第4セット
【0:23】
25
15 第5セット
【0:16】
11

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 4
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日は沢山のご声援ありがとうございました。 ファイナル6に入ってからの2敗は、最終的に気持ちの面で負けてしまったので、今日はスタートから闘志燃やしていきました。序盤は内瀬戸、栗原の2枚を中心にキレのある攻撃ができました。3セット目途中で渡邊を投入したことにより更に勢いづき、競ったラリーの中で選手達は落ち着いていました。守備の中心である佐藤(あ)のファインプレーも多く、東レの鋭いスパイクを良く拾ってくれましたし、両サイドもミドルも思い切って打ちにいけたと思います。
今日の勝利はとても大きいです。明日のトヨタ車体戦も最後まで粘り強く戦いたいと思います。

25 内瀬戸
()
遠井
()
大野
()
迫田
(野村)
19
ジャクソン
()
井上
()
堀川
()
田代
()
佐藤(美)
()
栗原
()
木村(沙)
()
カーリー
(中田)
佐藤(あ) リベロ 木村(美) (中川)
20 ジャクソン
()
内瀬戸
()
大野
()
迫田
(野村)
25
佐藤(美)
()
遠井
()
堀川
()
田代
()
栗原
()
井上
(芳賀)
木村(沙)
()
カーリー
(中田)
佐藤(あ) リベロ 木村(美) (中川)
28 ジャクソン
(長内)
内瀬戸
()
大野
(伊藤)
迫田
(野村)
26
佐藤(美)
()
遠井
()
堀川
()
田代
()
栗原
(渡邊)
井上
(芳賀)
木村(沙)
()
カーリー
(中田)
佐藤(あ) リベロ 木村(美) (中川)
19 ジャクソン
(長内)
内瀬戸
()
大野
()
迫田
(野村)
25
佐藤(美)
()
遠井
()
堀川
()
田代
()
渡邊
()
芳賀
()
木村(沙)
()
カーリー
()
佐藤(あ) リベロ 木村(美) (中川)
15 佐藤(美)
()
ジャクソン
()
大野
()
迫田
()
11
渡邊
()
内瀬戸
()
堀川
()
田代
()
井上
()
遠井
()
木村(沙)
()
カーリー
(中田)
佐藤(あ) リベロ 木村(美) (中川)

監督コメント

 ファイナル6は非常に苦しい中、次のラウンドへ進むためにも大事な一戦であったが、攻撃面でミスが出て得点を重ねる事ができなかった。次の試合に向けても諦めることなく、しっかりと準備していきたいと思う。 
 本日も沢山の応援をいただきありがとうございました。

要約レポート

 V・ファイナルステージに入りフルセットを戦っている東レアローズと、勝ち星に恵まれていない日立リヴァーレ。両チームともファイナル3に進出するためには負けられない一戦。
 第1セット、日立は内瀬戸・遠井のレシーブから栗原・ジャクソンがアタックを決めるのに対し、東レは迫田・木村(美)を中心に粘りのレシーブから得点につなげる。日立のジャクソンがアタック、サーブを決めれば、東レも堀川のアタック・迫田のサーブで対抗し、追いつ追われつゲームが進む。中盤、日立はジャクソン、栗原のアタックでリードすると、佐藤(美)のブロック、井上のサービスエースでリードを広げ先取する。
 第2セット、東レは大野、堀川がサーブで崩しリードを奪う。日立に詰められながらも、東レは田代のサーブ崩し、カーリーのブロックでこのセット最大6点差をつける。日立は、内瀬戸がアタック、サーブで点差を縮める。しかし、東レがリードを守り、セットを取り返す。
 第3セット、東レは木村(沙)が粘り強く拾い、ブロック・アタックを自ら決めリードする。日立も、内瀬戸、遠井、渡邊のスパイクなどで同点に追いつく。その後一歩も譲らず終盤を迎える。日立は佐藤(美)のサービスエースで逆転を果たすと、渡邊のアタック、ブロックでリードする。東レは迫田・木村(沙)・堀川のスパイクで追いかけデュースに持ち込む。日立は代わって入った芳賀のブロックで競りあいを制する。
 第4セット、東レはカーリー、大野中心の攻撃でリードするが、日立は渡邊・遠井のアタックで追いつく。このまま終盤を迎えると、東レは堀川・木村の強打でフルセットに持ち込む。
 第5セット、東レが迫田のサーブで崩し3連続得点をあげて優位となったが、日立は内瀬戸のコースを狙ったサーブで6連続得点をあげ逆転する。東レも木村(沙)のアタック、堀川のサーブで1点差まで詰める。しかし、日立はジャクソンのサーブで再び突き放し、渡邊のアタックで激戦を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 佳江