V・プレミアリーグ女子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
391
[開催日]
2017/02/19
[会場]
福岡市民体育館
[観客数]
4,200
[開始時間]
15:30
[終了時間]
17:43
[試合時間]
2:13
[主審]
山本 晋五
[副審]
千代延 靖夫

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 10
通算: 3勝0敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:27】
27 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:22】
20
25 第3セット
【0:32】
21
18 第4セット
【0:25】
25
15 第5セット
【0:15】
9

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 菅野 幸一郎
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日に引き続き非常にタフな試合となったが、最後まで諦めることなく互いを鼓舞しあい、気持ちを切らさず戦ってくれた。
 相手の高い攻撃と、組織的なブロックで攻守において苦しい展開となったが、決してネガティブになることなく戦い抜いたことが、勝利に繋がった。
 最後まで熱いご声援、本当にありがとうございました。

25 岩坂
()
石井
()
大野
()
迫田
(野村)
27
長岡
()
中大路
(野本)
堀川
()
田代
()
新鍋
()
トカルスカ
(栄)
木村(沙)
()
カーリー
(中島)
筒井 (戸江) リベロ 木村(美) (中川)
25 長岡
()
岩坂
()
大野
()
迫田
()
20
新鍋
()
石井
()
堀川
()
田代
()
トカルスカ
()
中大路
()
木村(沙)
()
カーリー
()
筒井 (戸江) リベロ 木村(美) (中川)
25 岩坂
()
石井
()
大野
(伊藤)
迫田
(野村)
21
長岡
()
中大路
(野本)
堀川
()
田代
()
新鍋
()
トカルスカ
()
木村(沙)
()
カーリー
(中島)
筒井 (戸江) リベロ 木村(美) (中川)
18 長岡
(古藤)
岩坂
(加藤)
大野
()
迫田
(野村)
25
新鍋
()
石井
()
堀川
()
田代
()
トカルスカ
()
中大路
(野本)
木村(沙)
()
カーリー
()
筒井 (戸江) リベロ 木村(美) (中川)
15 長岡
()
岩坂
()
大野
(野村)
迫田
()
9
新鍋
()
石井
()
堀川
()
田代
()
トカルスカ
(栄)
中大路
(野本)
木村(沙)
()
カーリー
(中島)
筒井 (戸江) リベロ 木村(美) (中川)

監督コメント

 なんとしても勝ちたい試合であったが、苦しい場面での得点を取りきる事ができなかった。
 次週の試合へ向け、今日の試合をしっかりと分析して、自分たちの良いところを試合で出し切ることができるよう、準備をしていきたい。
 本日もたくさんの応援をいただき、ありがとうございました。

要約レポート

 V・レギュラーラウンド2位の久光製薬スプリングスと6位の東レアローズの対戦。
 大野・堀川のサービスエースを含む連続得点で東レがリードする幕開けとなった第1セット。堀川のスパイクで着実に得点を重ねていく東レに対し、久光製薬も長岡・石井・新鍋のスパイクで応戦する。中盤、東レの連続ミスもありデュースまでもつれ込んだが、最後は堀川・木村(沙)の連続得点で東レが逃げ切って先取した。
 続く第2セットも東レが先行する流れとなったが、新鍋・石井のサーブから一気に逆転した久光製薬が、セットを奪い返した。
 流れを取り戻した久光製薬に対し、東レは中盤の連続ミスで大きくリードを許し、終盤に堀川・迫田の気迫溢れるプレーで追いつくも、石井の連続攻撃で逃げ切った久光製薬が第3セットを連取した。
 後がなくなった東レは、第4セット序盤から好調なカーリーにボールを集め、堀川・迫田も織り交ぜて久光製薬のブロックを絞らせない。終盤、カーリーの連続得点で東レが一気に逃げ切り、フルセットにもつれ込んだ。
 久光製薬が3連続得点で出だしからリードした最終セット、好調石井に岩坂・トカルスカの速攻を織り交ぜて攻撃の手を緩めない久光製薬が、東レの追撃を振り切って3連勝し、ファイナル6首位に立った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 黒木 政光