V・プレミアリーグ女子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
390
[開催日]
2017/02/19
[会場]
福岡市民体育館
[観客数]
3,900
[開始時間]
13:08
[終了時間]
14:50
[試合時間]
1:42
[主審]
種元 桂子
[副審]
石井 洋壮

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 8
通算: 1勝1敗
0

ポイント
0
22 第1セット
【0:30】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:28】
25
34 第3セット
【0:38】
36
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 8
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は相手に対して、どれだけプレッシャーをかけることができるかを意識して試合に入った。しかし、自分たちのコート内にあるボールをうまくコントロールできなかった。今日の課題をしっかり修正して次の試合に備えたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。

22 近江
(柳田)
ニコロバ
()
比金
(細川)
平松
(竹内)
25
島村
(上野)
大野
()
高橋
()
小田
()
山口
()
古賀
(山内)
荒木
()
ポリーナ
()
鳥越 リベロ 榊原
21 古賀
(山内)
山口
()
高橋
()
比金
()
25
大野
()
島村
(上野)
荒木
()
平松
(竹内)
ニコロバ
(柳田)
近江
()
ポリーナ
()
小田
()
鳥越 リベロ 榊原
34 近江
()
柳田
(ニコロバ)
比金
()
平松
(竹内)
36
島村
(上野)
大野
()
高橋
()
小田
()
山口
()
古賀
(山内)
荒木
()
ポリーナ
()
鳥越 (岩崎) リベロ 榊原

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 V・レギュラーラウンドでは勝つことができていないNECレッドロケットとの試合ということで、昨日と同様にチャレンジャーとして選手たちが臨んでくれた。
 常に攻め続けることをテーマに、最後までやり抜くことができた。勝負どころで、高橋、平松らが存在感を発揮した。そして小田の決定力がついたことにより、攻撃に幅を出すことができた。特にサーブを効果的に打つことで、その後のブロックやレシーブの連携が強固なものとなった。
 今後も課題と真摯に向き合い、修正して根拠のある勢いをもって戦っていきたい。
 本日も熱いご声援ありがとうございました。

要約レポート

 V・レギュラーラウンド1位のNECレッドロケッツと5位のトヨタ車体クインシーズの対戦。
 第1セット序盤、トヨタ車体はポリーナと小田のサーブでリズムを掴みリードを奪う。対するNECは古賀のアタックを中心に追いかけるが、そのままトヨタ車体が第1セットを先取する。
 続く第2セットは、両チームとも多彩な攻撃から一進一退の攻防が続く。終盤、トヨタ車体は竹内のサーブで勢いに乗り、最後は高橋が力強いアタックを決めて、セットを連取する。
 第3セット、主導権を握りたいNECは、山口のサービスエースからスタートし勢いに乗る。対するトヨタ車体は、中盤に荒木の効果的なサーブでNECのリズムを崩し、デュースまでもつれ込む。その後も、NEC古賀とトヨタ車体ポリーナの壮絶な打ち合いが繰り広げられるが、最後はポリーナが強烈なアタックを決め、トヨタ車体が勝利を掴んだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 藤門 義信