V・プレミアリーグ女子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
389
[開催日]
2017/02/18
[会場]
福岡市民体育館
[観客数]
3,500
[開始時間]
15:35
[終了時間]
17:08
[試合時間]
1:33
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
山本 晋五

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 3
通算: 0勝2敗
0

ポイント
0
26 第1セット
【0:30】
28 3

ポイント
3
23 第2セット
【0:29】
25
21 第3セット
【0:28】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 5
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 各セットとも序盤はトヨタ車体の攻撃に対応しながら戦えていたが、中盤以降はポリーナ選手のサーブとスパイクに苦しめられ、相手ペースで試合が進み悔しい結果となった。
 しかし、その中で最後まで粘り強く戦えたことは良かったと思う。来週の試合に向けて、チーム全員で課題に取り組み、よい準備をしていきたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

26 奥村
(柴田)
田中(瑞)
()
比金
()
平松
(竹内)
28
田中(美)
()
中村
()
高橋
(山田)
小田
()
橘井
()
寺井
(井上)
荒木
()
ポリーナ
()
小幡 リベロ 榊原
23 奥村
()
田中(瑞)
()
高橋
()
比金
(細川)
25
田中(美)
()
中村
()
荒木
()
平松
(竹内)
シッティラック
(橘井)
寺井
(井上)
ポリーナ
()
小田
()
小幡 リベロ 榊原
21 奥村
()
田中(瑞)
()
比金
()
平松
(竹内)
25
田中(美)
(安藤)
中村
(柴田)
高橋
(山田)
小田
()
橘井
(位田)
寺井
()
荒木
()
ポリーナ
()
小幡 リベロ 榊原

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ファイナル3に進出するための大切な試合であった。順位が上のチームと競うため、チームとしてはチャレンジ精神で最後までやり抜くことができた。
 連携を強くすることでトヨタ車体らしい粘り強さを発揮できた。
 個人の戦術理解が深まることで、途中出場する選手たちもプレッシャーのかかる中ではあるが、高いパフォーマンスを出すことができるようになってきている。
 明日も厳しい試合になるが、チーム全員で勝ちにいきたい。本日も熱いご声援ありがとうございました。

要約レポート

 V・レギュラーラウンド4位のJTマーヴェラスと5位のトヨタ車体クインシーズの対戦。
 序盤、JTは奥村、田中(瑞)の連続ブロックでリードする。差を詰めたいトヨタ車体は多彩な攻撃で得点を重ね、ポリーナの強烈なサーブで追いつき、終盤まで一進一退の攻防を繰り広げたが、最後はポリーナのアタックで第1セットを先取した。
 続く第2セット、JTは田中(瑞)のアタックを中心にリードを奪い、またもトヨタ車体が追いかける展開となった。中盤までJTがリードするも、終盤に竹内の好サーブからリズムを掴んで逆転したトヨタ車体が、ポリーナの強烈なアタックで締めくくり、このセットも連取した。
 何とか主導権を握りたいJTは、奥村のブロック、田中(瑞)のアタックを中心に序盤はリードするが、ポリーナの強烈なサーブから6連続得点を奪って逆転したトヨタ車体が、そのまま逃げ切ってストレート勝ちし、ファイナル6初勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 藤門 義信