V・プレミアリーグ女子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
388
[開催日]
2017/02/18
[会場]
福岡市民体育館
[観客数]
3,800
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:58
[試合時間]
1:58
[主審]
石井 洋壮
[副審]
種元 桂子

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 8
通算: 2勝0敗
3

ポイント
2
22 第1セット
【0:24】
25 2

ポイント
1
18 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:23】
18
25 第4セット
【0:25】
20
15 第5セット
【0:12】
10

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 4
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 先週に引き続き、フルセットまでもつれる接戦となったが、皆様の温かいご声援を勝利に結びつけることができて良かった。
 序盤から相手のセッターを中心とした速い攻撃に対応が遅れてしまった。対策を徹底して準備不足とならないように以後努めていきたいが、試合の中で修正して勝ち切ることができたことは、チームとして評価したい。
 明日も一進一退の戦いになると思うが、一致団結してチャレンジしていきたい。
 本日は応援ありがとうございました。

22 トカルスカ
(栄)
新鍋
()
遠井
()
井上
(芳賀)
25
中大路
(野本)
長岡
()
内瀬戸
()
渡邊
(小池)
石井
()
岩坂
(加藤)
ジャクソン
()
佐藤(美)
()
筒井 (戸江) リベロ 佐藤(あ)
18 トカルスカ
()
新鍋
()
遠井
()
井上
()
25
中大路
(野本)
長岡
(古藤)
内瀬戸
()
渡邊
()
石井
()
岩坂
()
ジャクソン
(芳賀)
佐藤(美)
()
筒井 (戸江) リベロ 佐藤(あ)
25 新鍋
()
長岡
()
遠井
()
井上
(芳賀)
18
トカルスカ
()
岩坂
()
内瀬戸
()
渡邊
(栗原)
中大路
()
石井
()
ジャクソン
()
佐藤(美)
()
筒井 (戸江) リベロ 佐藤(あ)
25 新鍋
()
長岡
()
内瀬戸
()
遠井
(小池)
20
トカルスカ
()
岩坂
()
ジャクソン
(芳賀)
井上
()
中大路
()
石井
()
佐藤(美)
()
渡邊
()
筒井 (戸江) リベロ 佐藤(あ)
15 新鍋
()
長岡
()
井上
()
渡邊
()
10
トカルスカ
()
岩坂
()
遠井
()
佐藤(美)
()
中大路
()
石井
()
内瀬戸
()
ジャクソン
()
筒井 (戸江) リベロ 佐藤(あ)

監督コメント

 本日もたくさんのご声援、ありがとうございました。
 第1セットからサーブレシーブとラリー中のレシーブが良かったので、佐藤(美)もいつも通りのトスの速さで攻撃につなげることができたと思います。
 第4セット終盤、ジャクソンのブロックから流れを掴みかけましたが、久光製薬の攻撃に勢いがあり、巻き返されてしまいました。
 リードしていたゲームでしたが、フルセットまでもつれ負けたのでとても悔しいです。来週こそ勝てるよう、さらに気持ちを入れていきます。

要約レポート

 V・レギュラーラウンド2位の久光製薬スプリングスと3位の日立リヴァーレの対戦。
 新鍋・長岡の連続得点により久光製薬のリードで幕を開けた第1セット、中盤井上のサービスエースや遠井の連続得点で一気に逆転した日立が、終盤は渡邊にボールを集め、粘る久光製薬を振り切って先取した。
 続く第2セット、中盤まで一進一退の攻防が続くが、ジャクソンの速攻と渡邊の連続得点で一気にリードを広げた日立が、そのままセットを連取した。
 後がなくなった久光製薬は、安定して得点を重ねる長岡に加え、トカルスカ・岩坂の速攻で徐々に攻撃のリズムを取り戻していく。中盤、この試合1番の長いラリーを長岡のアタックで取った久光製薬が、流れを掴んで一気に日立を引き離し、第3セットを奪い返した。
 勢いに乗った久光製薬は、長岡と新鍋にボールを集めて中盤からリードし、粘る日立を振り切って第4セットを取り、試合はフルセットにもつれ込んだ。
 第5セット、序盤はジャクソン・内瀬戸の連続得点で日立がリードするが、久光製薬は新鍋の連続得点で勢いに乗り、逆転して一気にリードを広げる。日立も渡邊と内瀬戸の攻撃で追いすがるが、新鍋が続けてアタックを決めて逃げ切った久光製薬が、大逆転で2連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 黒木 政光