V・プレミアリーグ女子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
387
[開催日]
2017/02/12
[会場]
岡山県総合グラウンド体育館(ジップアリーナ岡山)
[観客数]
3,300
[開始時間]
16:00
[終了時間]
18:15
[試合時間]
2:15
[主審]
田野 敏彦
[副審]
山本 和良

久光製薬スプリングス

監督: 酒井 新悟
コーチ: 豊暉原 峻
通算ポイント: 6
通算: 1勝0敗
3

ポイント
2
21 第1セット
【0:23】
25 2

ポイント
1
22 第2セット
【0:26】
25
25 第3セット
【0:25】
19
27 第4セット
【0:31】
25
18 第5セット
【0:18】
16

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 2
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 フルセットの接戦となったが、最後まで熱いご声援ありがとうございました。
 ファイナルラウンドに入り、全員が大事な一戦という認識のもと、限られた時間の中でしっかり準備してきた。
 前半こそ、戦術を変えてきた相手に対して対応の遅れが出てしまった。しかし、2セットビハインドから修正して、勝ちきることができた。
 このことをチームの自信として、次週からも戦っていきたいと思う。
 大事な試合が続くが、まずは目の前の一戦をしっかり準備して戦い抜きたい。

21 新鍋
()
長岡
()
高橋
()
比金
()
25
トカルスカ
(栄)
岩坂
(森谷)
荒木
()
平松
()
中大路
(野本)
石井
()
ポリーナ
()
小田
()
筒井 (戸江) リベロ 榊原
22 新鍋
()
長岡
(古藤)
比金
()
平松
()
25
トカルスカ
()
岩坂
(森谷)
高橋
(山田)
小田
()
中大路
(野本)
石井
()
荒木
()
ポリーナ
()
筒井 (戸江) リベロ 榊原
25 トカルスカ
()
新鍋
()
高橋
(村永)
比金
()
19
中大路
(野本)
長岡
()
荒木
()
平松
(竹内)
石井
()
岩坂
(森谷)
ポリーナ
()
小田
()
筒井 (戸江) リベロ 榊原
27 トカルスカ
()
新鍋
()
高橋
()
比金
()
25
中大路
(野本)
長岡
()
荒木
()
平松
()
石井
()
岩坂
(栄)
ポリーナ
()
小田
()
筒井 (戸江) リベロ 榊原
18 トカルスカ
()
新鍋
()
荒木
()
高橋
()
16
中大路
(野本)
長岡
()
ポリーナ
()
比金
()
石井
()
岩坂
(栄)
小田
()
平松
()
筒井 (戸江) リベロ 榊原

監督コメント

 上位チームの久光製薬スプリングスに対して、新戦術、そして今まで以上に強い気持ちで臨むことができた。
 選手一人ひとりの持ち味やチームとしての長所を発揮することもできた。
 今日のゲームでの課題を修正し、さらにコミュニケーションや戦術理解を深めていきたい。
 また、対戦相手によってや自チームの良さを引き出すということで、選手起用など幅が広がってきている。
 これからも厳しいゲームにはなるが積極的に仕掛けていきたい。
 本日も熱いご声援ありがとうございました。

要約レポート

 V・レギュラーラウンド2位の久光製薬スプリングスと5位のトヨタ車体クインシーズの一戦。
 第1セット序盤、トヨタ車体は、ブロックやポリーナの強打などで、久光製薬からリードを奪う。対する久光製薬は、トカルスカのスパイクや二枚替えなどで反撃を試みるも、勢いの止まらないトヨタ車体がセットを先取した。
 続く第2セットも、お互い一歩も譲らず、一進一退の展開が続いた。中盤、久光製薬がリードをするも、トヨタ車体は髙橋の力強いスパイク、荒木のブロックなどで点差を詰めていき、連続得点で一気に逆転した。タイムアウトやメンバーチェンジでリズムを作ろうとする久光製薬だが、ポリーナのスパイクがそれを阻止し、トヨタ車体がセットを連取した。
 第3セット、何とか先に主導権を握りたい両チームの戦いは互角のまま終盤へ。後のない久光製薬だがなかなかリードを開けず、最後まで苦しい展開になりながらも、岩坂のブロックなどで得点し、久光製薬がセットを奪いかえした。
 第4セット、勢いが出てきた久光製薬は長岡のスパイクが決まり始めるが、トヨタ車体も荒木の強打などで食らいつく。終盤、久光製薬は石井・新鍋らが踏ん張り、デュースの末、久光製薬が第4セットをものにした。
 勝負は最終セットに委ねられた。トヨタ車体は、疲れの見え始めたポリーナに代わり、荒木や髙橋が次々に得点を重ねていくが、久光製薬も石井や長岡のスパイクで応酬し、デュースの末、久光製薬が接戦をものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 北島 一道