V・プレミアリーグ女子 2016/17 ファイナル6

試合会場レポート

[試合番号]
386
[開催日]
2017/02/12
[会場]
岡山県総合グラウンド体育館(ジップアリーナ岡山)
[観客数]
2,800
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:20
[試合時間]
1:20
[主審]
村上 成司
[副審]
種元 桂子

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 8
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
23
25 第3セット
【0:25】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 甲斐 祐之
通算ポイント: 3
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ファイナル6の初戦と言うことで、自分達のバレーを出来る様に意識して入りました。
 今日は全体的にサーブが機能し、自分達のリズムでバレーが出来ました。
 攻撃の部分ではまだまだ課題があるので、しっかり修正していきたいと思います。
 沢山の応援ありがとうございました。

25 近江
()
柳田
()
渡邊
(栗原)
佐藤(美)
()
18
島村
()
大野
()
井上
()
ジャクソン
()
山口
()
古賀
()
遠井
()
内瀬戸
()
鳥越 リベロ 佐藤(あ)
25 近江
()
柳田
(ニコロバ)
遠井
(小池)
井上
(長内)
23
島村
(山内)
大野
()
内瀬戸
()
栗原
()
山口
()
古賀
(上野)
ジャクソン
(芳賀)
佐藤(美)
()
鳥越 リベロ 佐藤(あ)
25 近江
()
柳田
(ニコロバ)
遠井
(間橋)
井上
(芳賀)
19
島村
(山内)
大野
()
内瀬戸
()
栗原
()
山口
()
古賀
(上野)
ジャクソン
()
佐藤(美)
()
鳥越 リベロ 佐藤(あ)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日はファイナル6初戦、沢山のご声援ありがとうございました。
 第1セットは、簡単なボールを落とし、守備に乱れが出てしまいました。
 第2セット、ジャクソンにトスを集め攻めていきましたが終盤サーブレシーブが乱れ、切り替えされてしまいました。
 今日は、イージーミスが多く、相手の思うように決められてしまい、流れをつかめず、内容は良くありませんでした。
 修正すべきプレーをしっかり見直し、来週にそなえます。
 

要約レポート

 V・レギュラーラウンド1位のNECレッドロケッツと3位の日立リヴァーレの対戦。
 第1セット序盤、NECは大野、古賀、近江の前後をゆさぶる攻撃で得点を重ねた。差をつめたい日立も佐藤(あ)がファインプレーを見せボールを繋ぐ。セット中盤、NECは島村・古賀のブロックポイントで勢いをつけ、最後は古賀がアタックを決めこのセットを先取する。
 第2セット、日立はジャクソンが連続でポイントを決めリードを広げる。NECも粘りのプレーでボールをつなぎ、途中出場のニコロバがポイントを決める。終盤、古賀と代わって入った上野がサービスエース、ニコロバの連続ポイントで得点を重ね、最後はコートに戻った古賀が決め、逆転でセットを連取する。
 第3セット、後がない日立は序盤にジャクソンや交代で入った間橋にボールを集め流れを取り戻すが、NECもセッター山口がニコロバ・大野・島村・古賀とのコンビプレーを組み立てて、終盤まで両者一進一退の攻防を繰り広げたが、最後は上野のサービスエースでNECが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 田所 めぐみ