天皇杯全日本選手権大会

試合会場レポート

[試合番号]
952
[開催日]
2016/12/24
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:47
[試合時間]
1:47
[主審]
田中 昭彦
[副審]
浅井 唯由

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
3 25 第1セット
【0:23】
22 0
25 第2セット
【0:27】
22
25 第3セット
【0:21】
15
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介

( )内は交代選手

監督コメント

 東レらしい粘り強いバレーを展開する事に成功して優位にゲームを進める事が出来た。エスコバルを封じる事は出来なかったが、その他の日本人選手を封じ、更にジョルジェフがエスコバル以上の働きを見せてくれたのも勝因となった。
明日の決勝戦では最高のゲームをしたいと思う。
今日も沢山の応援ありがとうございます。

25 藤井
(佐野)

()
山本
(塩田)
鈴木
()
22
米山
()
鈴木
()
藤中
(米山)
柳田
()
富松
()
ジョルジェフ
()
星谷
(山村)
エスコバル
()
井手 リベロ 鶴田
25
()
鈴木
()
山本
(塩田)
鈴木
()
22
藤井
()
ジョルジェフ
()
藤中
(栗山)
柳田
()
米山
()
富松
()
星谷
(山村)
エスコバル
()
井手 リベロ 鶴田
25 藤井
()

()
山本
(岡本)
山村
()
15
米山
(小宮)
鈴木
()
藤中
(米山)
栗山
()
富松
()
ジョルジェフ
()
鈴木
(塩田)
エスコバル
()
井手 リベロ 鶴田 (酒井)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 東レの安定性の高いバレーを崩すことが出来なく、非常に悔しい敗戦だった。自チームは、良い展開を作れそうな場面も有ったが、要所でミスを起こしてしまい、メンタル的な強さも足りなかった。残っている課題を修正して、V・プレミアリーグの再開に向け更に強いサントリーを見せたいと思います。
ファンの皆様、良い年をお迎えください。今後もチームのサポートお願いします。

要約レポート

 現在、V・プレミアリーグで激しい順位争いをしている東レアローズ対サントリーサンバーズの天皇杯準決勝戦。
 第1セット目、サントリーは司令塔の山本が、エスコバルを中心に柳田、藤中を効果的に活用し東レに挑んだ。それに対し東レの司令塔、藤井は、ジョルジェフ、米山を駆使しサントリーに対抗する。試合は1点を争う白熱した試合展開になるが、終盤東レのジョルジェフの活躍が光り、このセットを手に入れた。
 第2セット目、多彩な攻めを見せるサントリーであったが、東レの粘る守備に阻まれた。加えてサントリーのエスコバルのアタックを東レの富松がブロックに成功すると、序盤から東レが主導権を握った。その後も東レがリードを保ち、最後は相手のミスを誘いセットを連取した。
 第3セット目、後のないサントリーは山村のブロックや栗山のアタックで点数を重ねるが、東レの粘るレシーブに攻め切れなかったかった。中盤東レは富松の活躍が光り、その後もリードを保ち、最後は東レの李のブロックが決まり決勝進出を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 柴田 等