V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
578
[開催日]
2017/02/25
[会場]
三郷市総合体育館
[観客数]
619
[開始時間]
15:45
[終了時間]
17:38
[試合時間]
1:53
[主審]
早坂 行博
[副審]
串橋 成二

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 12
通算: 4勝16敗
2

ポイント
1
22 第1セット
【0:20】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:22】
19
22 第3セット
【0:24】
25
25 第4セット
【0:22】
21
8 第5セット
【0:13】
15

【 】内はセット時間

警視庁フォートファイターズ

監督: 松本 幸博
コーチ: 井上 人哉
通算ポイント: 15
通算: 5勝15敗

( )内は交代選手

監督コメント

 最終週の戦いということで気持ちは入っていたが、最後まで自分たちのプレーが続けられずフルセット負け。サーブの良し悪しが勝敗の分かれ目となった。粘りのバレーが出来ず、残念な結果であった。
 沢山の応援に応えられず申し訳ありません。明日は最後の試合なので悔いなき戦いをします。熱い応援をよろしくお願いします。

22 川畑
()
伊元
()
中道
()
加藤
()
25
小島
()
中津
(伊藤)
松本
()
小川(功)
()
金丸
()
茂木
()
鈴木
()
中村
()
川崎 リベロ 石川
25 川畑
()
伊元
()
松本
()
中道
()
19
小島
()
中津
(伊藤)
鈴木
(小川(貴))
加藤
(佐藤)
金丸
()
茂木
()
中村
()
小川(功)
()
川崎 リベロ 石川
22 川畑
()
伊元
()
中道
()
加藤
()
25
小島
(伊藤)
中津
()
松本
()
小川(功)
()
金丸
()
茂木
()
鈴木
(神谷)
中村
()
川崎 リベロ 石川
25 川畑
()
浜田
(高橋)
松本
()
中道
()
21
小島
()
中津
()
鈴木
(小川(貴))
加藤
()
金丸
()
茂木
()
中村
()
小川(功)
()
川崎 リベロ 石川
8 川畑
(林)
浜田
()
中道
()
加藤
(佐藤)
15
小島
()
中津
()
松本
()
小川(功)
()
金丸
()
茂木
()
鈴木
()
中村
()
川崎 リベロ 石川

監督コメント

 どうしても勝ちたい試合で、上手くいかなかった場面もあったが、選手が集中力を切らさず最後までよく頑張ってくれた結果が勝ちに繋がりました。
 今シーズンは本当に苦しい戦いと結果が続いていますが、選手はなんとかしようと頑張っています。 明日が最終戦ですが気持ちの入った熱い試合ができる様、チーム一丸となって頑張ります。 最後まで応援よろしくお願いします。

要約レポート

 最終戦を明日に控え、今日の試合をお互いに勝利で終わりたい埼玉アザレアと警視庁フォートファイターズの対戦。
 第1セット、序盤は一進一退の攻防。埼玉は川畑や茂木の強打を中心に攻める。警視庁は鈴木の多彩なトス回しによる速い攻撃で試合を優位に進め、セットを先取した。
 第2セット、ホームの大声援を受け、開始から4連続ポイントを奪った埼玉。警視庁は松本や小川(功)のフェイントやバックアタックを織り交ぜた攻撃で粘りを見せるが、埼玉が茂木のブロックポイントなどで流れをつかみ、そのままセットを奪い返した。
 第3セット、互いに好レシーブが続き、終盤まで1点を取り合う展開。最後は警視庁のブロックが決まりこのセットを奪取した。
 第4セット、後がない埼玉は要所要所で川畑のブロックやアタックが決まり、じわじわと得点を積み上げこのセットを取った。
 第5セット、警視庁が中村の連続アタックポイントにより2点を先取。互いに気迫あふれる強打で点を稼ぐが、効果的にアタッカーを使い分けた攻撃で前半を大きく引き離した警視庁が最終セットを取り、勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松岡 沙貴