V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
577
[開催日]
2017/02/25
[会場]
三郷市総合体育館
[観客数]
481
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:57
[試合時間]
1:57
[主審]
松延 亮一
[副審]
飯島 毅

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ:
通算ポイント: 29
通算: 10勝10敗
3

ポイント
3
19 第1セット
【0:24】
25 1

ポイント
0
28 第2セット
【0:29】
26
25 第3セット
【0:26】
23
28 第4セット
【0:29】
26
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 41
通算: 13勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 しんどいゲームを取れてほっとしてます。ブロックとレシーブの関係をよく我慢してゲームを進めたと思います。
 明日はラストゲーム、良い試合ができるよう頑張ります。応援ありがとうございました。

19 田中
()
久保田
(伊澤)
多田
()
森崎
(中谷)
25
長谷川
()
辰巳
()
栗木
()
峯村
()
金澤
()
川口
()
アレキサンダー
()
小林(哲)
()
草場 リベロ 峰尾
28 川口
()
久保田
(伊澤)
栗木
()
多田
(市川)
26
長谷川
(平野)
木村
()
アレキサンダー
()
森崎
(中谷)
金澤
()
田中
()
小林(哲)
(池田)
峯村
()
草場 リベロ 峰尾
25 川口
(伊澤)
久保田
(二五田)
多田
(市川)
森崎
()
23
長谷川
(平野)
木村
()
栗木
()
峯村
(池田)
金澤
()
田中
()
アレキサンダー
()
小林(哲)
(中谷)
草場 リベロ 峰尾
28 川口
()
久保田
(二五田)
栗木
()
多田
(アレキサンダー)
26
長谷川
(平野)
木村
()
市川
(中谷)
森崎
()
金澤
()
田中
()
小林(哲)
(長田)
峯村
()
草場 リベロ 峰尾

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 埼玉まで応援に来てくださった皆様に申し訳ない結果になってしまい本当にすみませんでした。前半は自分達の思い通りの展開になり良いバレーができましたがミスからだんだんと弱気のプレーが出てしまい大同特殊鋼に追いつくことができませんでした。明日は最後の試合になるので全員でがんばりたいと思います。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 チャレンジマッチを目指し連勝を伸ばしたいVC長野トライデンツと現在4位の大同特殊鋼レッドスターの戦い。
 第1セット、VC長野は序盤4連続得点でリードする。その後VC長野は栗木が連続得点し、対する大同特殊鋼は川口の連続得点で応戦。一進一退の攻防が続くが、最後はVC長野・小林(哲)のアタックが決まり、このセットを取った。
 第2セット、VC長野は序盤、小林(哲)のスパイク、アレキサンダーのブロックでリードする。大同特殊鋼は木村のスパイクで追いつくと、追いすがるVC長野を突き放しこのセットを取り返した。
 第3セット、大同特殊鋼は多彩な攻撃でリードを奪う。4点差のまま終盤を迎える。VC長野は森崎の連続スパイクで追いつくが、大同特殊鋼は木村のスパイク、田中のブロックでセットを連取した。
 第4セット、VC長野はセッターのトス回しを変えクイックで攻める。大同特殊鋼は木村のスパイクが次々と決まり、一点を奪い合うシーソーゲームとなる。3点差のまま終盤をむかえ、VC長野は峰村のスパイクで追いつくが、大同特殊鋼は金澤のスパイク、田中のブロックで突き放し、このセットも連取し勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 萩原 裕一