V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
576
[開催日]
2017/02/19
[会場]
AGF鈴鹿体育館
[観客数]
462
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:41
[試合時間]
1:41
[主審]
中島 俊昌
[副審]
南 順平

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 二宮 弘樹
通算ポイント: 26
通算: 8勝11敗
3

ポイント
3
20 第1セット
【0:23】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
19
25 第3セット
【0:25】
20
25 第4セット
【0:20】
20
第5セット
【】

【 】内はセット時間

警視庁フォートファイターズ

監督: 松本 幸博
コーチ: 井上 人哉
通算ポイント: 13
通算: 4勝15敗

( )内は交代選手

監督コメント

 三重県出身の東野・森本・吉岡選手の活躍により、勝利することができました。特に吉岡選手の気持ちの入ったスパイクがチームにリズムを作りました。
 三重県でのホームゲームでしたが、地元協会やたくさんの応援をいただき、ありがとうございました。最後まで全力で戦いますので、応援よろしくお願いします。

20 渕江
()
松下
()
中道
()
加藤
(小川(貴))
25
大保
()
森本
()
松本
()
小川(功)
()
東野
()
浅川
()
鈴木
()
中村
()
福島 リベロ 石川
25 吉岡
()
松下
()
松本
()
中道
()
19
大保
()
森本
()
鈴木
()
加藤
(佐藤)
東野
()
浅川
()
中村
()
小川(功)
()
福島 リベロ 石川
25 吉岡
()
松下
()
中道
()
加藤
(佐藤)
20
大保
()
森本
()
松本
()
小川(功)
(神谷)
東野
()
浅川
()
鈴木
(小川(貴))
中村
()
福島 リベロ 石川
25 吉岡
()
松下
(清水)
松本
()
中道
()
20
大保
()
森本
(上坂)
鈴木
(小川(貴))
加藤
(佐藤)
東野
()
浅川
()
中村
()
小川(功)
()
福島 リベロ 石川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日の良い内容をイメージして臨んだ試合でしたが、トヨタ自動車の強いサーブと攻撃に、自分たちの持ち味である守備を崩され、粘ることができず単調な試合展開になってしまいました。もう一度よく話し合い、選手、スタッフ一丸となって勝つ為に、しっかり気持ちを整えていきたいと思います。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 現在第5位のトヨタ自動車サンホークスと現在第7位で1戦も落とすことのできない警視庁フォートファイターズの一戦。
 第1セットは双方に1歩も譲らない展開となったが、終盤、警視庁・松本のスパイクから4連続得点を挙げ、第1セットを先取した。
 第2セットも互いにリードを許さない展開となったが、トヨタ自動車・渕江に代わって今セットからコートに入った地元三重県出身・吉岡の活躍により、トヨタ自動車がセットを取り返し、セットカウントを1-1とした。
 第3セットは、序盤、警視庁・小川のスパイクなどで4連続得点を挙げたが、トヨタ自動車・吉岡のブロック得点や、森本のスパイク得点をきっかけに連続得点を挙げたトヨタ自動車が波にのり、そのままの勢いでセットを連取する。
 第4セット、後がない警視庁は中村のスパイク得点などで流れをつかもうとするが、トヨタ自動車・吉岡と松下の攻撃が止まらず、セットカウント3-1でトヨタ自動車がホームゲームを勝利で収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 辻井康博