V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
564
[開催日]
2017/02/11
[会場]
宮前スポーツセンター
[観客数]
560
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:13
[試合時間]
1:13
[主審]
赤川 孝義
[副審]
大谷 清子

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 二宮 弘樹
通算ポイント: 23
通算: 7勝10敗
0

ポイント
0
17 第1セット
【0:19】
25 3

ポイント
3
22 第2セット
【0:25】
25
20 第3セット
【0:23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 35
通算: 11勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 ゲームスタートから、サーブが弱くなりVC長野に自由な攻撃をさせてしまった。セット中盤にトヨタ自動車らしい、レシーブと攻撃をする事が出来たが、勝負所での決定力に差が出てしまった。
 残りゲームも少なくなってきたが、最後まで全力で戦いますので、応援よろしくお願いします。
 今日も、たくさんの声援ありがとうございました。

17 渕江
()
松下
()
多田
()
森崎
()
25
大保
(上坂)
皆川
()
栗木
()
峯村
()
東野
()
吉岡
()
アレキサンダー
()
小林(哲)
(中谷)
福島 リベロ 峰尾
22 渕江
()
松下
()
森崎
(中谷)
峯村
()
25
大保
()
皆川
(上坂)
多田
()
小林(哲)
()
東野
()
吉岡
(浅川)
栗木
()
アレキサンダー
()
福島 リベロ 峰尾
20 渕江
()
松下
()
多田
(片桐)
森崎
(長田)
25
大保
()
皆川
(上坂)
栗木
()
峯村
()
東野
()
浅川
()
アレキサンダー
()
小林(哲)
(中谷)
福島 リベロ 峰尾

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 
 先週の敗戦でチームの中でしっかり話し合いをして今日の試合に挑みました。選手たちも不安な部分が多かったと思いますが、強い気持ちを持って戦ったので今日の結果につながったと思います。残り5試合、気持ちを強く持ち全員で戦っていきます!!
 本日もたくさんの応援、本当にありがとうございました!!

要約レポート

 
 トヨタ自動車サンホークスとVC長野トライデンツの試合は序盤から互いに的を絞らせない攻撃で一進一退となるが、第1セット後半に長野は森崎のブロックポイントをきっかけに流れを掴み、VC長野が第1セットを先取する。
 第2セットに入ってもVC長野の勢いは衰えることはなく、粘り強いレシーブから小林(哲)やアレキサンダーの活躍でポイントを重ね、第2セットも連取する。
 後がなくなったトヨタ自動車は松下にボールを集め、第3セット序盤はリードするが、VC長野の多彩な攻撃を止めることができず、VC長野がストレートで勝利した。
 

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 遠藤 郁也