V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
557
[開催日]
2017/02/04
[会場]
鯖江市スポーツ交流館
[観客数]
475
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:33
[試合時間]
1:33
[主審]
上土谷 政高
[副審]
野村 恒人

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 二宮 弘樹
通算ポイント: 23
通算: 7勝8敗
1

ポイント
0
24 第1セット
【0:25】
26 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:22】
21
15 第3セット
【0:18】
25
17 第4セット
【0:19】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 8
通算: 3勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第3レグ初戦の大切な試合であったが、埼玉アザレアのサーブに押され、サーブレシーブを乱され、攻撃が単調となってしまった。埼玉アザレアのサイド攻撃に、ブロックもレシーブも対応できず、相手にレシーブで粘られた。悪いリズムが終始続き、トヨタのリズムを発揮できずにゲームセットとなった。
 気持ちを切り替えて、明日から戦います。たくさんの応援、ありがとうございました。

24 渕江
()
松下
()
伊元
(高橋)
中津
()
26
大保
(上坂)
森本
(水口)
川畑
()
茂木
()
東野
()
吉岡
()
小島
(浜田)
金丸
()
福島 リベロ 川崎
25 渕江
()
松下
()
中津
()
茂木
()
21
大保
()
森本
(上坂)
伊元
(高橋)
金丸
()
東野
()
吉岡
(浅川)
川畑
()
小島
()
福島 リベロ 川崎
15 渕江
()
松下
(清水)
伊元
(高橋)
中津
()
25
大保
()
森本
()
川畑
()
茂木
()
東野
()
浅川
(吉岡)
小島
()
金丸
()
福島 リベロ 川崎
17 渕江
()
清水
(松下)
中津
(ヒッグス)
茂木
()
25
大保
()
森本
()
伊元
()
金丸
()
東野
()
吉岡
()
川畑
()
小島
()
福島 リベロ 川崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 久しぶりの勝利。先週からはっきり意識して練習してきた埼玉アザレアバレーがようやく花開いた感がある。この調子で連勝したい。
 本日も多くの応援ありがとうございました。明日も応援よろしくお願いします。

要約レポート

 第3レグの初戦、互いに負けれないトヨタ自動車サンホークスと埼玉アザレアの一戦。
 第1セット、埼玉はセンターからの攻撃やサービスエースなどで序盤優位に試合を展開する。中盤、トヨタ自動車は連続7得点で流れを作り追いつく。その後、一進一退の攻防が続くが、埼玉・茂木がブロックアウトを取り、26-24でセットを先取する。
第2セット、トヨタ自動車は早い段階で浅川を投入。中盤まで両者譲らない展開が続く。最後はトヨタ自動車・松下がブロックやスパイクで活躍し、このセットを25-21で取り返す。
 第3セット、埼玉・茂木のサーブで連続得点し、リードを広げる。終始試合を優位に進めた埼玉が25-15で奪い返した。
 第4セット、埼玉は、前セットからの勢いに乗り川畑のサーブでトヨタ自動車のレシーブを乱すなど連続得点で流れをつかむ。後がないトヨタ自動車は、松下の強烈なスパイクなどでくらいつくが、サーブから流れを作った埼玉が序盤からのリードを徐々に広げ、勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 清水 芳孝