V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
547
[開催日]
2017/01/21
[会場]
大町市運動公園総合体育館
[観客数]
460
[開始時間]
15:30
[終了時間]
16:32
[試合時間]
1:02
[主審]
佐伯 昌昭
[副審]
小森 美明

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 29
通算: 9勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
20
25 第3セット
【0:14】
11
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 二宮 弘樹
通算ポイント: 19
通算: 6勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 大町でのホームゲームとなった本日、大雪にもかかわらず沢山の応援本当にありがとうございました。
 今日のトヨタ自動車戦は、前回の敗戦で「次こそは!」という選手の強い気持ちが全面に出たナイスゲームでした。みんな非常に良くやりました。
 明日の試合も「チーム」「パートナー」「地域」が一つになり戦いたいと思います。応援よろしくお願いします。

25 アレキサンダー
()
栗木
()
吉岡
()
東野
()
20
小林(哲)
()
多田
()
森本
()
大保
(上坂)
峯村
()
森崎
(中谷)
松下
()
渕江
(山下)
峰尾 リベロ 福島
25 小林(哲)
()
アレキサンダー
()
吉岡
(水口)
東野
()
20
峯村
()
栗木
()
森本
()
大保
()
森崎
()
多田
()
松下
()
渕江
()
峰尾 リベロ 福島
25 アレキサンダー
()
栗木
()
吉岡
()
東野
(水口)
11
小林(哲)
(長田)
多田
(片桐)
森本
()
大保
()
峯村
()
森崎
()
松下
(清水)
浅川
(渕江)
峰尾 リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 雪の中でのVC長野のホームゲーム。
 勝ちたい気持ちが空回りして、いつものゲーム展開が何も出来なかった。
 サーブ、サーブレシーブ、レシーブ、すべてのプレーで自チームからのミスで自滅し最後まで引きずってしまった。
 気持ちを切り替えて、明日からのゲームに集中したいと思います。

要約レポート

 勝利してV・チャレンジマッチ出場圏の2位以内をキープしたいVC長野トライデンツと、第1レグでVC長野に勝利している4位のトヨタ自動車サンホークスとの注目の試合。
 第1セット、VC長野は安定したレシーブからセッター多田が的を絞らせないトスワークと苦しい場面では小林(哲)にボールを集め、終始リードを保ち試合を展開した。トヨタ自動車も松下のバックアタックで対抗したがサーブミスが多く波に乗れず、VC長野に押し切られた。
 第2セット、序盤こそ競り合いとなったが、VC長野が粘り強いレシーブから一気に抜け出す。終盤、トヨタ自動車も追い上げるがVC長野が逃げ切った。
 第3セット、勢いに乗ったVC長野が序盤から4連続、6連続と得点を重ね、勝負を決めた。VC長野が安定した守りから多彩な攻撃で理想的な試合展開で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 鏡味 照明