V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
535
[開催日]
2016/12/11
[会場]
コンパルホール
[観客数]
660
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:44
[試合時間]
1:44
[主審]
平田 敬基
[副審]
田中 亘

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ:
通算ポイント: 6
通算: 2勝7敗
1

ポイント
0
22 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
26 第2セット
【0:26】
28
25 第3セット
【0:25】
21
16 第4セット
【0:19】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 20
通算: 6勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

第1セット、第2セット共に、レシーブで粘りながら攻めきれなかったのが残念であった。会場の応援に後押しされて、第3セットは自分達のバレーが出来たのではないかと思う。
年内最後の試合を勝利出来なかったのは残念だが、年明けにもう一度チームを作り直していきたいと思う。
大分のみなさん、応援ありがとうございました。

22 田中
()
久保田
()
森崎
(中谷)
峯村
()
25
長谷川
()
辰巳
()
多田
(市川)
小林(哲)
(長田)
金澤
()
藤元
(川口)
栗木
()
アレキサンダー
()
草場 (赤澤) リベロ 峰尾
26 田中
()
久保田
()
多田
(池田)
森崎
(市川)
28
長谷川
()
辰巳
()
栗木
()
峯村
()
金澤
()
藤元
(川口)
アレキサンダー
()
小林(哲)
(長田)
草場 (赤澤) リベロ 峰尾
25 田中
()
久保田
()
市川
(森崎)
峯村
(池田)
21
長谷川
()
辰巳
()
多田
()
小林(哲)
()
金澤
()
藤元
(嶋津)
栗木
()
アレキサンダー
()
草場 (赤澤) リベロ 峰尾
16 田中
()
久保田
()
多田
()
森崎
(片桐)
25
長谷川
()
辰巳
(木村)
栗木
()
峯村
()
金澤
()
藤元
()
アレキサンダー
()
小林(哲)
(中谷)
草場 (赤澤) リベロ 峰尾

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

今日のゲームは大同特殊鋼のサーブに苦しみ、常に先行される本当に苦しい試合でした。うまくいかない中で選手がよく踏ん張ってプレーしてくれました。また一つチームが成長できた試合だったと思います。
年明けはホームゲームとなりますので更にレベルアップして挑みたいと思います。
本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

連勝を伸ばしたいVC長野トライデンツと連敗を止めたい大同特殊鋼レッドスターの対戦。
第1セット、序盤、VC長野はブロックが決まりリードする。中盤、大同特殊鋼は辰巳の活躍やブロックが決まり同点になる。終盤、VC長野は栗木の活躍でリードを奪い、このセットを先取した。
第2セット、大同特殊鋼は終盤まで久保田、辰巳を中心に攻撃陣が活躍しリードする。VC長野は小林(哲)、栗木が活躍し、デュースまでもつれ込むが、VC長野の攻撃陣が流れを渡さず、このセットも取った。
第3セット、大同特殊鋼は辰巳を中心に、セッターの長谷川が多彩な攻撃を仕掛け、リードをしていく。VC長野は小林(哲)、栗木を中心に追いかけていくが、大同特殊鋼が逃げ切り、このセットを奪い返す。
第4セット、VC長野は峯村、栗木を中心に攻撃陣が大同特殊鋼を圧倒し、このセットを取り、3連勝とした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 松元 和弥