V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
526
[開催日]
2016/12/04
[会場]
高森町民体育館
[観客数]
690
[開始時間]
14:35
[終了時間]
15:45
[試合時間]
1:10
[主審]
浅見 靖人
[副審]
北原 良太

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 14
通算: 4勝3敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
16 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:20】
19
25 第3セット
【0:23】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 2
通算: 1勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日も応援団をはじめとする、地域の皆さんの大声援のおかげで勝ち点3を取ることができました。本当に2日間ありがとうございました。
 試合の方もサーブとブロックが良く、VC長野らしいバレーができたと思います。次週からは第2レグが始まりますので、気を引締めて挑んでいきたいと思います。
 2日間のホームゲームではスタッフ、ファン、サポーターの方々には本当に感謝です。ありがとうございました!!

25 森崎
(中谷)
峯村
()
茂木
()
金丸
()
16
多田
()
小林(哲)
()
中津
()
小島
(川畑)
栗木
()
アレキサンダー
()
浜田
(高橋)
笠原
(林)
峰尾 リベロ 川崎
25 峯村
()
小林(哲)
(長田)

(高橋)
金丸
()
19
森崎
()
アレキサンダー
()
中津
()
小島
()
多田
()
栗木
()
茂木
()
笠原
()
峰尾 リベロ 川崎
25 森崎
()
峯村
()

(高橋)
金丸
()
23
多田
()
小林(哲)
(長田)
中津
()
小島
()
栗木
()
アレキサンダー
()
茂木
()
笠原
(川畑)
峰尾 (米沢) リベロ 川崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 VC長野の高さのあるブロック、スパイクに押され続けてしまった。
切り返しの練習をしたいと思います。
 第2レグに向けて、頭を切り替えて頑張ります。
 皆様の応援に感謝いたします。

要約レポート

 ホームゲーム初勝利を目指すVC長野トライデンツと連敗を止めたい埼玉アザレアの一戦。
 第1セット、VC長野はアレクサンダー、森崎のクイックなどから主導権を握る。その後もVC長野は多彩な攻撃と要所でブロックが決まり、このセットを先取する。
 第2セット、VC長野は第1セットの勢いそのままにクイックが冴え、リードする展開。埼玉も茂木のバックアタックで応戦するが、VC長野・小林(哲)のスパイクやブロックで流れを渡さない。終盤に埼玉は中津のサービスエースなどで4連続ポイントするも、VC長野が押し切った。
 第3セット、埼玉はセッター金丸のトス回しと茂木、林のスパイクで接戦に持ち込み互角の展開。終盤VC長野アレクサンダーの連続ブロックで流れをつかんだかに見えたが、埼玉も川畑のブロックなどで4連続ポイントを奪い、一点差まで迫まる。しかし最後はVC長野・栗木がスパイクを決め勝利をつかんだ。VC長野は、速攻とブロックが有効に機能し、今シーズンホーム初勝利と3ポイントを獲得した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 是則 二郎