V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
513
[開催日]
2016/11/26
[会場]
宮前スポーツセンター
[観客数]
405
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:16
[試合時間]
1:16
[主審]
小瀧 健二
[副審]
大谷 清子

警視庁フォートファイターズ

監督: 松本 幸博
コーチ: 井上 人哉
通算ポイント: 1
通算: 0勝4敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【0:24】
25 3

ポイント
3
23 第2セット
【0:24】
25
20 第3セット
【0:22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 大日方 崇徳
通算ポイント: 9
通算: 3勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 本日は、関東近郊で、たくさんの応援団の皆様に足を運んで頂きありがとうございました。
 中村主将も怪我から戻り、粘りのある展開にもちこむことができたが、VC長野の機動力のあるセンター線に苦しめられ、自分達のサーブもミスと守りに入ってしまいリードする展開に持ち込めなかった。良い部分もでてきているので、しっかりと気持ちの切り替えと調整を行い明日に臨みたい。
 本日はたくさんの応援ありがとうございました。

23 中村
()
水野
()
多田
()
森崎
(中谷)
25
松本
()
小川(功)
()
峯村
()
池田
()
加藤
(佐藤)
中道
()
アレキサンダー
()
小林(哲)
()
石川 リベロ 峰尾
23 松本
()
中村
()
多田
(小林(之))
森崎
()
25
加藤
(神谷)
水野
(佐藤)
峯村
()
池田
()
中道
()
小川(功)
()
アレキサンダー
()
小林(哲)
(長田)
石川 リベロ 峰尾
20 中村
()
鈴木
()
多田
()
森崎
(中谷)
25
松本
()
小川(功)
(神谷)
峯村
()
池田
()
加藤
()
中道
()
アレキサンダー
()
小林(哲)
()
石川 リベロ 峰尾

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 
 本日のゲームはキャプテンでエースの栗木がいない中、チーム全員で戦うんだという空気を作って挑んでくれたことが勝利につながったと思う。
 代わりに出た池田も良くがんばってくれた。
 チームとして大きくなれたゲームになりました。それでもまだ課題もあります。明日に向け修正し、成長できたらと思います。
 本日も応援に来て下さったファン、サポーターの皆様、地元バレーチームの皆様、本当にありがとうございました。

要約レポート

 
 第1セット、VC長野トライデンツは森崎の速攻による連続得点などもあり常にリードするが、なかなか流れに乗れず終盤まで競り合う展開となる。どちらも決め手を欠く中、警視庁フォートファイターズが23―22とリードしたところで長野がタイムアウトを取り流れを断ち切る。その後3連続ポイントで逆転し、セットを先取した。
 第2セットも緊迫した競り合いが最後まで続いた。警視庁はレフトの松本、小川(功)、ライトの中村が得点を重ねるが、要所で長野のアレキサンダーと森崎のブロックが決まる。最後は長野が粘ってボールを拾い、多田のスパイク得点もあり警視庁を引き離した。
 第3セット、序盤は競り合うが8-11から長野の4連続ブロックポイントで逆転する。終始、長野のブロックが効果的に決まり、終盤に長野・小林(哲)の連続得点で点差をつけ、最後はアレキサンダーのブロックで試合を決め、長野がストレートで勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 敦賀谷 吉輝