V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
511
[開催日]
2016/11/20
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
115
[開始時間]
13:45
[終了時間]
15:28
[試合時間]
1:43
[主審]
中西 幸治
[副審]
虎澤 吉剛

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ: 浦田 範夫
通算ポイント: 0
通算: 0勝3敗
1

ポイント
0
16 第1セット
【0:21】
25 3

ポイント
3
17 第2セット
【0:22】
25
28 第3セット
【0:29】
26
18 第4セット
【0:22】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

VC長野トライデンツ

監督: 笹川 星哉
コーチ: 宮澤 武吉
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 長いトンネルから抜けられません。小さなほころびが大きな穴となっている感じです。
 第1、2セットはちぐはぐな攻撃でしたが、第3セットはしっかりと我慢ができた戦いであった。
 第4セットはスタートが勝負でしたが、VC長野のサーブに悩まされました。
 もう少し練習をして、ホームゲームに備えたいと思います。
 本日は、応援ありがとうございました。

16 田中
()
久保田
()
栗木
()
多田
()
25
長谷川
()
辰巳
()
アレキサンダー
()
森崎
(中谷)
金澤
()
藤元
()
小林(哲)
()
峯村
()
草場 (赤澤) リベロ 峰尾
17 田中
()
久保田
()
アレキサンダー
()
栗木
()
25
長谷川
()
辰巳
(木村)
小林(哲)
()
多田
()
金澤
()
藤元
(川口)
峯村
()
森崎
(中谷)
草場 (赤澤) リベロ 峰尾
28 田中
()
久保田
()
栗木
()
多田
(片桐)
26
長谷川
(松山)
木村
()
アレキサンダー
()
森崎
(長田)
金澤
()
藤元
(川口)
小林(哲)
()
峯村
(池田)
草場 (赤澤) リベロ 峰尾
18 田中
()
久保田
()
栗木
()
多田
(小林(之))
25
長谷川
()
木村
()
アレキサンダー
()
森崎
(長田)
金澤
()
藤元
(川口)
小林(哲)
()
峯村
()
草場 (赤澤) リベロ 峰尾

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日の試合は、選手達が非常に頑張ってくれた。
しっかりと課題に向かい合い、結果を出してくれました。
 本日の3ポイントは本当に大きいものになりました。
 リーグはこれからが勝負ですが、試合を重ねる度に強くなっていきたい。
次週に向けてしっかりとトレーニングを行い、全員で勝利を掴みたいと思います。
本日も、沢山のご声援、本当に有難うございます。

要約レポート

 VC長野トライデンツと大同特殊鋼レッドスターの対戦。両チームとも勝利し順位をあげていきたいところ。
 第1セット、VC長野はアレキサンダー、小林(哲)を中心にブロックで相手にプレッシャーをかけ、峰尾、栗木を中心にレシーブをあげ攻撃につなぎリードするとそのままセットを先取する。
 第2セットも、VC長野が栗木のサーブで相手を崩し連続得点をあげると、小林(哲)の速い攻撃で有利に試合を進める。大同特殊鋼も久保田がアタック、サーブと奮闘する。しかし、VC長野は全員でレシーブをあげ、セッター多田が多彩なトスで相手を翻弄し、アレキサンダーがこのセット4ブロックをあげ、セットを連取する。
 第3セット、大同特殊鋼は木村をスタートから起用し攻撃に変化をつけリードする。VC長野は小林(哲)のサーブや峯村のアタックで点差を縮め、長田のサーブ、アレキサンダーのブロックで逆転する。しかし、大同特殊鋼は藤元のサーブなどで粘りセットを取る。
 第4セット、VC長野は栗木のブロック、サーブから勢いに乗る。大同特殊鋼も草場を中心にレシーブをあげ攻撃につなげ、久保田、藤元が連続ブロックをあげる。しかし、VC長野は峯村、栗木のサーブやアレキサンダー、小林(哲)のブロックなど攻撃の手を緩めずに快勝した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 佳江