V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
510
[開催日]
2016/11/20
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
120
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:52
[試合時間]
1:52
[主審]
慈眼 雅啓
[副審]
川久保 敬規

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 山本 道彦
通算ポイント: 9
通算: 3勝0敗
3

ポイント
3
28 第1セット
【0:26】
30 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:25】
22
25 第3セット
【0:23】
21
28 第4セット
【0:29】
26
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 2
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 単純なミスを繰り返し、面白さのないゲームとなりました。劣勢になった時に、もっと個々が勝負できる選手になってほしいと思います。もう一度、チームを立て直し、来週のホームゲームに臨みます。
 本日は沢山のご声援を頂き有難うございました。
 今後も、富士通の応援をよろしくお願いします。

28 岡村
(志波)
浅野
()
中津
()

()
30

()
柳田
()
伊元
()
金丸
()
岩井
(小川)
横田
()
川畑
()
石田
()
芳賀 リベロ 川崎
25 岡村
(志波)
浅野
()
中津
()

()
22

()
柳田
(中川)
伊元
()
金丸
()
岩井
(田中)
横田
()
川畑
()
石田
()
芳賀 リベロ 川崎
25 岡村
()
浅野
(小川)
中津
()

()
21

()
中川
()
伊元
()
金丸
()
田中
()
横田
(志波)
川畑
()
石田
()
芳賀 リベロ 川崎
28 岡村
()
浅野
(小川)
中津
()

()
26

()
中川
()
伊元
()
金丸
()
田中
()
横田
(志波)
川畑
()
石田
(茂木)
芳賀 リベロ 川崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の埼玉アザレアは歯車が合っていたように思えた。どのセットもシーソーゲームで緊張感があった。
 チャンスのところで、勝負の差がでた。
 選手たちは次に向けて頑張りますので、今後も応援よろしくお願いします。
 東京日野大会の応援ありがとうございました。

要約レポート

 富士通カワサキレッドスピリッツ対埼玉アザレアの試合。
 第1セット,序盤、富士通、柳田・浅野、埼玉、伊元・川畑の打ち合いで一進一退。中盤、富士通は浅野のアタック、岡村のブロックでリードする。終盤、富士通は新のアタックでセットポイントとするが、埼玉は、林のアタック、金丸のサービスエースでデュースからの激しいラリーとなり、埼玉が林の鋭いアタックでセットを取る。
 第2セット、序盤から埼玉は前のセットを取った勢いのまま川畑・林のアタックでリードする。富士通も浅野・柳田のアタックで追従する。埼玉リードのまま終盤、富士通は柳田のアタック、岡村のブロックで同点、浅野のアタックで逆転するとそのままセットを奪い返す。
 第3セット、序盤から富士通は浅野のアタック、岡村のブロックで5連続ポイントで流れに乗る。埼玉も伊元・林のアタックで追い上げるも、富士通は岡村の3連続アタックでセットを連取する。
 第4セット、序盤から一進一退。中盤、埼玉は中津のサーブ、伊元のブロックでリードする。富士通も浅野・岡村のアタックで追い上げる。終盤、埼玉は林のサービスポイント、中津のアタックでセットポイントを掴むが、富士通は浅野のブロックでデュースとし、岡村・横田の力強いアタックで試合に勝利する。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 塚本 健二