V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
509
[開催日]
2016/11/19
[会場]
日野市市民の森ふれあいホール
[観客数]
100
[開始時間]
15:10
[終了時間]
16:39
[試合時間]
1:29
[主審]
慈眼 雅啓
[副審]
及川 千春

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 二宮 弘樹
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:19】
21 1

ポイント
0
21 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:19】
14
25 第4セット
【0:20】
18
第5セット
【】

【 】内はセット時間

埼玉アザレア

監督: 工藤 晴康
コーチ: 上笹 淳二
通算ポイント: 2
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目はリズム良くアタックとブロックが決まりましたが、2セット目からは埼玉アザレアの強いアタックに、ブロックとレシーブが対応できなかった。
 2セット目を取り落としたものの、選手たちは集中したプレーを発揮し勝利することができた。
 本日も、応援ありがとうございました。

25 渕江
()
松下
()
大和田
()

()
21
森本
()
大保
()
伊元
()
浜田
()
東野
()
吉岡
()
川畑
()
中津
()
福島 リベロ 川崎
21 渕江
(山下)
松下
()

()
浜田
()
25
森本
(坂本)
大保
()
大和田
(茂木)
中津
()
東野
()
吉岡
()
伊元
()
川畑
()
福島 リベロ 川崎
25 渕江
(山下)
松下
()
大和田
(大野)

()
14
森本
()
大保
()
伊元
()
浜田
()
東野
()
吉岡
()
川畑
(冨永)
中津
()
福島 リベロ 川崎
25 渕江
(山下)
松下
()

()
浜田
()
18
森本
(水口)
大保
()
大和田
(川畑)
中津
()
東野
()
吉岡
()
伊元
()
茂木
()
福島 リベロ 川崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 セッター浜田のアザレアデビュー戦でしたが、トスの上げ方に苦慮していたように思います。
 オポジット伊元が大活躍でした。
 レシーブ、ブロックの面で課題を残し、残念ながら勝利をすることができませんでした。
 皆様の応援本当に有難うございました。これからもよろしくお願いします。

要約レポート

 トヨタ自動車サンホークスと埼玉アザレアの試合。
 第1セット、序盤からトヨタ自動車松下、埼玉伊元の打ち合いで一進一退。中盤、トヨタ自動車は森本のブロックで抜けだすと松下・吉岡のアタックでリードを広げる。埼玉も浜田・林のアタックで追撃するも、トヨタ自動車は吉岡の切れの有るアタックでセットを先取する。
 第2セット、前のセット同様、序盤から一進一退。中盤、埼玉は伊元のアタックで抜けだすと伊元のブロック、浜田のサーブでリードを広げる。トヨタ自動車も松下・森本のアタックで反撃するも、埼玉は中津の切れの有るアタックでセットを取り返す。
 第3セット、トヨタ自動車は、序盤から松下・吉岡・森本のアタックで大量リードする。埼玉も林・中津のアタックで追いすがるも、トヨタ自動車は淵江・吉岡のアタックでセットを奪い返す。
 第4セット、序盤、埼玉は茂木・林のアタックでリードするが、トヨタ自動車は、中盤、松下の連続アタックで追い付き、大保のブロックでリードする。終盤、埼玉も伊元・中津のアタックで追いすがるが、トヨタ自動車は松下のブロックで試合に勝利する。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 塚本 健二