V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
506
[開催日]
2016/11/06
[会場]
霞ヶ浦文化体育館(水郷体育館)
[観客数]
1,023
[開始時間]
16:30
[終了時間]
18:10
[試合時間]
1:40
[主審]
中西 幸治
[副審]
慈眼 雅啓

つくばユナイテッドSunGAIA

監督: 都澤 みどり
コーチ: 菊池 孝一
通算ポイント: 4
通算: 1勝1敗
3

ポイント
3
28 第1セット
【0:26】
26 1

ポイント
0
16 第2セット
【0:21】
25
25 第3セット
【0:20】
16
25 第4セット
【0:24】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 二宮 弘樹
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。
 応援の後押しを受け、サーブ、スパイク、ブロックと強気で攻め、自分達のリズムにもっていくことができました。
 まだ課題はたくさんあるので、長いリーグ戦の中で成長できるよう頑張っていきたいと思います。
 今後ともご声援の程よろしくお願いします。

28 瀧澤
()
小針
()
松下
()
東野
()
26
宮内
()
奥田
(桝谷)
大保
(水口)
森本
()
須藤
()
宮下
()
徳尾
()
吉岡
(清水)
松尾 リベロ 福島
16 瀧澤
()
小針
()
浅川
()
東野
()
25
宮内
()
奥田
()
大保
()
森本
()
須藤
(桝谷)
宮下
()
徳尾
(松下)
渕江
()
松尾 リベロ 福島
25 瀧澤
()
小針
()
浅川
()
東野
()
16
宮内
(柳川)
奥田
()
大保
()
森本
(水口)
須藤
()
宮下
()
徳尾
(松下)
渕江
()
松尾 リベロ 福島
25 小針
()
奥田
()
浅川
()
東野
()
22
瀧澤
()
宮下
()
大保
(清水)
森本
(水口)
宮内
(桝谷)
須藤
(柳川)
徳尾
()
渕江
()
松尾 リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 つくばのホームゲーム、アウェイ感のなか接戦となりましたが、勝負所でのポイントが獲れませんでした。
 途中からサーブが弱くなり、つくばの攻撃に対応する事が出来なかった。
 リーグスタートしたばかりなので、次のゲームにつなげるようにしたいです。
 応援に感謝いたします。

要約レポート

 第1セット、序盤から中盤にかけてはトヨタ自動車サンホークス、つくばユナイテッドSunGAIA共に譲らず拮抗した試合展開だったが、トヨタ自動車のサーブにつくばのレシーブが崩され、苦しい状況になる。しかし、終盤に投入したつくばの桝谷がサーブで流れを呼び戻し、リベロ松尾のレシーブで息を吹き返す。トヨタ自動車も松下のスパイクや、森本のブロックで応戦し、デュースの熱戦になるが、最後はつくばがこのセットを奪った。
 第2セット、トヨタ自動車はこのセットから渕江、浅川の両ウイングスパイカーを投入。トヨタ自動車はトスを徹底的に両ウイングに集め、リズムを掴む。つくばは強烈なスパイクを防ぎきれず、ミスが連発。早い段階からセッター桝谷を入れ立て直しを図るが、要所を浅川の得点で突き放したトヨタ自動車がセットを奪い返した。
 第3セット、スタートも互いに拮抗した展開になるが、徐々につくばがリベロ松尾の好レシーブから攻撃の組み立て得点を重ねる。瀧澤の強烈なジャンプサーブや、奥田の速攻、宮内のブロックなどで加点。トヨタ自動車は決め手を欠き、そのままつくばが危なげなくセットを奪った。
 第4セット、序盤から中盤までは競り合いになるが、つくばは一度掴んだ流れを相手に渡さない。つくばは奥田、宮内の速攻や、宮下の強烈なスパイクが決まる。トヨタ自動車は森本の速攻などで巻き返しをするが、最後は宮下のスパイクが床に突き刺さる。つくばがホームの大声援を力にして、リーグ戦2試合目にして初勝利をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 今泉 隆行