V・チャレンジリーグⅠ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
502
[開催日]
2016/11/05
[会場]
霞ヶ浦文化体育館(水郷体育館)
[観客数]
749
[開始時間]
13:36
[終了時間]
15:03
[試合時間]
1:27
[主審]
中西 幸治
[副審]
山﨑 公寛

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 二宮 弘樹
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:18】
21 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:20】
19
14 第3セット
【0:18】
25
25 第4セット
【0:22】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大同特殊鋼レッドスター

監督: 東岡 昇
コーチ: 浦田 範夫
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 開幕戦、緊張の中スタートをした。
 サーブミス、スパイクミス等が目立つプレーがあり、リズムを掴むタイミングをのがしたが、長所のレシーブがつながり出し、新人選手等の思い切り良いプレーで初戦を勝利する事が出来た。
 長いリーグ戦、チーム一丸で頑張りますので、応援よろしくお願いします。

25 吉岡
()
徳尾
()
平野
()
金澤
()
21
森本
(水口)
大保
()
辰巳
()
長谷川
()
東野
()
松下
()
久保田
()
田中
()
福島 リベロ 草場 (赤澤)
25 吉岡
()
徳尾
()
平野
()
金澤
(木村)
19
森本
()
大保
()
辰巳
()
長谷川
(嶋津)
東野
()
松下
()
久保田
()
田中
()
福島 リベロ 草場 (赤澤)
14 吉岡
()
徳尾
()
平野
()
木村
()
25
森本
()
大保
()
辰巳
()
長谷川
(松山)
東野
(水口)
松下
()
久保田
()
田中
()
福島 リベロ 草場 (赤澤)
25 吉岡
()
徳尾
(水口)
平野
()
木村
()
23
森本
()
大保
()
辰巳
()
長谷川
()
東野
()
松下
()
久保田
()
田中
()
福島 リベロ 草場 (赤澤)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ミスが多すぎました。
 自分達のプレーが出来ず残念です。
 サーブ、ブロック、スパイクすべてにおいてやり直しをします。
 リーグが始まったばかりです。
 修正して次の試合に向けてがんばりたいと思います。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、序盤は互い譲らず点を取り合う展開となった。中盤以降、トヨタ自動車サンホークスは松下のスパイクでリズムを作り、流れを引き寄せ危なげなくセットを取った。
 第2セット、互いに決定力を欠き競る展開となったが、中盤に大同特殊鋼レッドスターにミスが続き、トヨタ自動車がリードを作るとブロックなどで効果的にポイントを重ね連取した。
 第3セット、序盤に大同特殊鋼が木村のバックアタックから流れを作り、効果的なサーブもあり6-12とリードを広げた。トヨタ自動車は松下と徳尾にボールを集め巻き返しを図ったが、大同特殊鋼のブロックに捕まり連続得点につなげることができず、大同特殊鋼がセットを取り返した。
 第4セット、序盤から互いにスパイクを打ち合う展開となった。決定力の差からトヨタ自動車がリードするが、大同特殊鋼も藤元のバックアタックからチャンスを作り、全員が攻撃に参加する積極的なバレーを展開した。ブロックが機能し始めた大同特殊鋼は攻守が噛み合い一時同点に追いついたがサーブミスが響き、最後はトヨタ自動車のサービスエースで勝負がついた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 西部 芳夫